ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト » ユーグレナに含まれる成分

ユーグレナに含まれる成分をご紹介!

動物性と植物性、あわせて59種類もの栄養素

ユーグレナ(ミドリムシ)は動物と植物の性質を併せ持つ、不思議な生物。鞭毛という器官を使って水中を自由に泳ぎ回り、葉緑体で光合成を行っています。その体内には、動物性と植物性の栄養素が同時に蓄えられており、合計で59種類もの成分が詰まっているのです。ここでは、そのひとつひとつの成分を詳しく紹介しています。

ユーグレナだけが持つ、独自の成分

ユーグレナには多くの成分が含まれていますが、そのうちの1つ「パラミロン」は、地球上でユーグレナだけに含まれている物質。さまざまな健康効果が報告されており、その可能性に、世界中の研究機関が注目しているそうです。

植物が光合成を行うための物質

ユーグレナは植物と同じように光合成を行うため、その体内にはクロロフィル(葉緑体)が含まれています。クロロフィルは太陽光と水、二酸化炭素から酸素と栄養を作り出す物質ですが、実は、クロロフィル自体も健康に役立つ栄養成分なのです。

人間の身体を作り、維持する上で欠かせない成分

人間の身体を作り、維持していくために欠かせない葉酸も、ユーグレナに含まれる栄養素のひとつ。葉酸を摂取することで得られるメリットや、不足することで生じるリスクなどについて解説しています。

DHA

血液の循環をスムーズにする

ユーグレナには、DHAという成分が含まれています。DHAは体内では生成できませんが、私たちの身体に重要な栄養素として知られています。DHAは血液をサラサラにし、血液の循環をスムーズにさせることから、高血圧などを抑制し、生活習慣病を防いでくれる働きを持っています。また、定期的に摂取することで、視力の改善やドライアイにも効果を発揮してくれるのです。さらに、脳の神経細胞を活性化させることで、老化防止やストレスの緩和、免疫力アップを促すことが期待されています。

EPA

コレステロール値を低下させ、血液をサラサラに

ユーグレナには、青魚に多く含まれるEPAという栄養素があります。EPAは不飽和脂肪酸の一種で、長期間欠乏することで、皮膚疾患や視覚の異常などを引き起こすことがあるといわれています。また、体内で作り出すことのできない栄養素のひとつでもあります。EPAには、コレステロール値を低下させ、血液をサラサラにしてくれる特徴があり、アレルギー症状の原因となる物質を抑制したり、肌の角質層を繋ぐ働きにより、肌荒れなども防ぐことなどが効能だとされています。さらに、心疾患の予防や関節リウマチの抗炎症作用、がん細胞やうつ病を抑制する効果も備えています。

抗酸化作用によって活性酸素を抑制

美肌や健康保持、免疫力向上、デトックス、糖尿病や肝臓疾患を予防など、さまざまな効果に期待ができるユーグレナ。その効果の秘密はα-カロテンにあります。α-カロテンがどのように身体へ影響するのかということを詳しくご紹介します。

体内でビタミンAへと変換される

ユーグレナには、β-カロテンという栄養素が含まれています。β-カロテンは、緑黄色野菜に豊富に含まれており、私たちの健康に有効な役割を兼ね備えています。例えば、ストレスなどにより体内に蓄積された活性酵素を取り除く抗酸化作用や骨格形成に携わる物質を活性化させ、節分化を促進してくれるのです。その他にも、目の健康を守ってくれたり、免疫力を高めてくれたりする重要な役目も担っています。また、β-カロテンの抗酸化作用は、肌荒れやシミなどの防止になるため、美肌効果もあるのです。さらに、β-カロテンは、がんの抑制効果も期待されています。

脳内のセロトニンを増加させる

ユーグレナに含まれるトリプトファンは、必須アミノ酸の一種です。トリプトファンは体内で生成できないため、体外から摂取する必要がありますが、私たちの身体に必要不可欠な成分だといわれています。トリプトファンは、脳内のセロトニンを増加させ、気分を安定させるという効能があります。また、体内時計を整える物質を合成させやすくすることから、安眠効果も期待できます。さらに、抗酸化作用やアドレナリンの分泌を促すことで、集中力をアップさせ、認知症の予防にも効果的だとされているのです。

肥満対策にも効果的。食欲不振の改善にも

ユーグレナに含まれているビタミンB1はメタボリックシンドロームの改善に役立ってくれる他、食欲不振や疲労回復にも役立つ栄養素です。だるさなどを感じている方にもサポートとなる栄養素です。

口周りのトラブル改善に働きかける

喉や目の不調、口内炎など口関係のトラブルの他、皮膚疾患の発生とも深く関わっている栄養素がユーグレナにも含まれているビタミンB2です。健康で元気な体づくりにも役立ちます。

美容と健康のために欠かせない役割を持つビタミン

美容と健康のために欠かせない役割を持つビタミン 私たちにとって身近なビタミンCもユーグレナの中には多く含まれています。ビタミンCは強い抗酸化作用を持っていることから、美容と健康の両面で役立ってくれる栄養素です。

貧血予防にも効果的

普段立ちくらみを起こしたり、朝起きるのが辛いと感じているのであれば、鉄不足の貧血が原因の可能性も。ユーグレナにも含まれている鉄の持っている役割についてご紹介します。特に女性は月経の影響から不足しやすい成分なので注意が必要です。

免疫力を高めたり、味覚障害改善の働きも

亜鉛は体の中にあるたくさんの酵素を構成する際に重要な役割を持ったミネラルの一種です。DNAの合成とも関わっており、不足した場合には様々な不調の原因になるので注意が必要です。

骨や歯を作るのに重要な栄養素

人間にとって特に重要な骨や歯、筋肉をスムーズに動かすこととも深く関わっている栄養素です。不足しがちな栄養素でもあるので、食事やサプリメントでしっかり取り入れていくことが大切。

筋肉に働きかける他、病気改善にも

必須アミノ酸の一種である「バリン」は筋肉を強化する役割などを持っています。窒素のバランス調整にも役立つアミノ酸であるほか、栄養状態を良好にする働きがあるため、肝硬変の改善の効果も!

筋トレ効果を向上させるのにも役立つ

ユーグレナに含まれているロイシンは、筋トレに力を入れている人であれば一度は聞いたことがあるアミノ酸だと思います。筋肉を作る働きを持っていて、メタボリックシンドロームの予防や改善にも働きかけます。

運動継続や肝機能サポートに効果的

アラニンは様々な健康への働きがあり、ダイエットにもおすすめ。たんぱく質を構成しているアミノ酸の一種で、運動継続にも重要な役割を果たすアラニン。それだけじゃない魅力的な効果とは?

成長と健康に働きかけるアミノ酸

ユーグレナに含まれるアルギニンは健康な体を作るだけでなく、血管を支えたり、妊娠力を高める働きも持っています。アミノ酸は成長にも欠かせません。不足しないように心掛けたいですね。

ストレスを抑制する効果が期待できる

今注目の成分GABAもユーグレナには入っています。ストレスの抑制やリラックス効果など、現代人にとって嬉しい効果が期待できる成分です。もともと体内に存在しますが、歳を重ねたりストレスをため込んでしまったりするとどんどん減少してしまうため、食事やサプリメントなどで補う必要があります。

健康的な皮膚や歯、髪の毛をつくる

B6はたんぱく質の代謝を助けて健康的な皮膚や歯を作ってくれます。人間の体を形成するのに必要不可欠な成分だといえるでしょう。月経前症候群やつわりといった症状も軽減してくれるそうです。牛肉や魚を中心にあらゆる食材に含まれています。

血行促進・うつ予防が期待できる成分

ナイアシンはビタミンBの一種です。食事から取り込む方法と、必須アミノ酸のトリプトファンを合成する方法の2種類が存在します。血行促進やうつの予防などのほか、代謝をサポートして美肌効果が期待できる成分です。幅広い食品に含まれているので、比較的手軽に摂取できるでしょう。

ヘルシーな油に含まれるオレイン酸

不飽和脂肪酸の一種であるオレイン酸。飽和脂肪酸は摂りすぎると高脂血症や動脈硬化になる恐れがあるのに対し、飽和脂肪酸のオレイン酸は中性脂肪やコレステロールを正常に保ち、病気を防いでくれる効果が期待できます。オリーブオイルや魚類をはじめとした食材に含まれており、スキンケアとして利用している女性もいるようです。

シミ対策に欠かせない成分

アミノ酸の一種であるシスチン。人間の髪の毛や爪を作る材料となっている成分です。牛肉や牛乳、大豆などに含まれており、女性の大敵であるシミの改善・予防に効果が期待できます。解毒作用や活性酸素から体を守るなど、健康面でもサポートしてくれるのが特徴です。

疲れた体を回復させ、集中力をアップさせる

ユーグレナに含まれている必須アミノ酸の1つであるリジン。疲労回復や集中力アップに繋がるほか、健康的な髪の毛を維持しながら、新しい髪の毛を生やすサポートをする役割も持っています。トビウオやタラをはじめとした魚介類や豚肉・鶏肉などの肉類などに含まれているようです。

脳神経の健康を守るビタミン

赤いビタミンとも呼ばれているビタミンB12。数あるビタミンの中で唯一野菜に含まれていないビタミンです。干し海苔やしじみなどに含まれており、脳神経の健康を守る、貧血を予防するといった効果があります。また、肌のターンオーバーを正常化する力があるため、美肌へと導いてくれる成分の1つです。

目を守る働きを持つ色素の1つ

600種類以上あるカロテノイドの一種であるルテイン。主にブロッコリーやケールなどの緑黄色野菜に含まれているため、日常的に野菜を摂取する方でないと不足してしまうおそれがあるのだとか。眼病予防に良いとされており、加齢黄斑変性症や白内障といった病気の予防にも効果が期待できます。

抗酸化作用を持つ、若返り成分

ユーグレナの持つ栄養素のひとつ、ビタミンE。抗酸化作用によって活性酸素を抑制する働きがあり、「若返りのビタミン」や「老化防止のビタミン」とも呼ばれています。生活習慣病の予防や美肌対策にも欠かせない成分で、私たちにさまざまな恩恵を与えてくれる重要なビタミンです。

糖尿病や動脈硬化を予防する成分

ユーグレナに含まれている不飽和脂肪酸の一種であるパルミトレイン酸。肉類や魚介類のほか、マカダミアナッツなどあらゆる食材に含まれています。糖尿病をはじめとする病気予防の役割をもっているほか、肌の潤いを保つ美肌効果も期待できる成分です。

抗酸化作用によって健康な体を作る

ユーグレナに含まれているミネラルの1つマンガン。主に植物性の食品に含まれており、バジルやお茶、みょうがから摂取することができます。体を作るのに必要不可欠な骨や皮膚を構成している成分であり、抗酸化作用や酵素を活性化させる力をもっているのが特徴です。

マイナーながら重要な役割を持つ脂溶性ビタミン

ビタミンKは、ほかのビタミンと比べると少しマイナーな存在かもしれませんが、私たちの体内においては重要な役割を持っているのです。それは大きく分けて2つ、血を固める働きと、骨の形成を促す働きです。

10円玉の材料としておなじみのミネラル

10円玉の材料でおなじみの銅は、ユーグレナに含まれるミネラルのひとつ。銅は血中のヘモグロビン合成に不可欠な成分であり、その他にも、体内でさまざまな役割を担っているのです。

食の欧米化によって不足しがちなミネラル

ユーグレナには、人間の健康維持に欠かせないミネラル、マグネシウムが含まれています。マグネシウムの不足は、心疾患など命にかかわる病気の原因にもなるため、その摂取量には気を付けたいところですね。

体内で生成されない、健康維持に不可欠な油の成分

ユーグレナに含まれるリノール酸という成分は、体内で生成されることのない、健康維持に欠かせない成分。過剰摂取には気を付ける必要があるので、意識して摂取量をコントロールしていくことが重要です

アマニ油に多く含まれる成分として有名

アマニ油に多く含まれる成分として有名なリノレン酸は、ユーグレナにも含まれている必須脂肪酸。体内でEPAやDHAに変換されることから、様々な健康効果が期待されています。

疲労回復に有効なアミノ酸の一種

ユーグレナには数多くのアミノ酸が含まれていますが、そのうちのひとつ、アスパラギン酸は疲労回復などに有効な成分。スポーツのパフォーマンスを高めたり、肌の調子を整えたりする効果にも注目されています。

最近注目されている「BCAA」のひとつ

ユーグレナに含まれている栄養素であるイソロイシンは、最近スポーツドリンク業界などで注目されている「BCAA」のひとつ。疲労回復や筋肉の成長に役立つことに加え、様々な健康効果が確認されているアミノ酸なのです。

ナトリウム排出などを行うミネラル

ユーグレナに含まれる、カリウムについてご紹介します。カリウムは体内のナトリウム排出や筋肉の収縮という役割を担う成分。生命活動を行う上で欠かせないミネラルなのです。

旨味成分として有名なアミノ酸の一種

ユーグレナに含まれるグルタミン酸は、旨味成分として有名なアミノ酸の一種。昆布出汁などに多く含まれ、和食には欠かす事のできない成分ですが、人の体にとっても重要な役割を担っています。

成長促進に必要なアミノ酸

ユーグレナに含まれるヒスチジンは、人体を作り上げているアミノ酸のひとつ。成長促進に必要な栄養素として、特に子供は積極的に摂取すべき栄養素です。

紫外線を浴びると体内で生成される脂溶性ビタミン

ユーグレナに含まれるビタミンDは脂溶性ビタミンのひとつ。紫外線を浴びると体内で生成される栄養素ですが、不足しがちな人は、食生活で補っていくのが良いでしょう。

脳内伝達物質の元になる必須アミノ酸

ユーグレナに含まれるフェニルアラニンは必須アミノ酸のひとつ。この成分は体内でチロシンに変わり、さらに脳内伝達物質に変化します。そのため、フェニルアラニンの不足は、気力の低下をはじめとする精神症状のほか、睡眠障害などに繋がる恐れがあります。

肝機能やアレルギー症状に効果があるアミノ酸

ユーグレナに含まれるメチオニンは非必須アミノ酸のひとつ。体内でも生成される栄養素ですが、不足してしまうと肝機能の低下やアレルギー症状などを引き起こすことがあります。健康な身体を維持していくために、タンパク質の摂取が足りていない人は食生活を見直すようにしましょう。

コラーゲンの主要成分で、美肌に欠かせない栄養素

プロリンはコラーゲンの主要成分の一つであり、美肌を目指す人には欠かせない栄養素。その他にも関節の痛みを和らげる効果や脂肪を燃焼させる効果などもあり、過剰摂取によるリスクもないと言われているので、積極的に摂取するようにしましょう。

骨や歯の形成に役立っているミネラル

リンはユーグレナに含まれている栄養素のひとつで、人間の生命維持に不可欠なミネラル。骨や歯の形成に役立っているほか、体内のあらゆる細胞に存在し、さまざまな役割を担っている成分です。

脳内の神経伝達物質の生成に不可欠なアミノ酸

アミノ酸の一種であるチロシンの主な役割は、脳内の神経伝達物質であるアドレナリンやノルアドレナリン、ドーパミンなどの材料になることです。そのため、チロシンが不足してしまうと、うつ症状や集中力の低下といった不調を招いてしまう恐れがあります。

保湿効果を持つアミノ酸

ユーグレナに含まれているセリンは、人体を形成している20種のアミノ酸のひとつ。保湿効果を持つことからスキンケア用品などに配合されていることが多い栄養素です。また、脳内の神経細胞を構成する成分でもあることから、アルツハイマー改善の研究でも注目されています。

睡眠導入効果で注目されています

グリシンは睡眠導入効果で注目されているアミノ酸の一種。睡眠のメカニズムに関与しているセロトニンを増加させることに加え、血管を拡張させて体温を下げる作用などがあると言われています。うまく眠れない人や疲れが溜まっている人は意識して摂取してみると良いでしょう。

脳神経の新生という役割を持つ不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸の一種であるアラキドン酸。このユーグレナに含まれる栄養素には、脳神経の新生という重要な役割があります。脳神経が急激に発達する胎児期、幼児期においては積極的な摂取が求められる成分だと言えますね。

不明な点の多い不飽和脂肪酸の一種

ユーグレナに含まれるエイコサジエン酸は、不飽和脂肪酸の一種。その働きについては解明されていない部分が多いものの、n-6系不飽和脂肪酸に分類されることから、血中コレステロールなどに影響を与える可能性があると考えられています。

糖や脂肪の代謝に関わる栄養素

パントテン酸はユーグレナに含まれる成分で、糖や脂肪の代謝に関わっています。一般的にはあまり知られていない栄養素ですが、その効果や摂取の仕方について詳しくチェックしてみましょう。

DHAやEPA同様、魚の脂に含まれる脂肪酸

ドコサペンタエン酸は、DHAやEPAと同じく魚の脂に含まれる栄養素。ω-3脂肪酸に分類される必須脂肪酸なので体内で生成することはできず、食品から摂取する必要があります。

健康効果が期待される、不飽和脂肪酸の一種

ユーグレナに含まれるドコサテトラエン酸は、まだまだ研究途上の成分。身体に良いことで知られるDHAやEPAを同じ不飽和脂肪酸であることから、何らかの健康効果があるのではないかと期待されています。

天然色素であるカロテノイドの一種

ユーグレナに含まれるゼアキサンチンは、天然色素であるカロテノイドの一種。その詳細についてはまだ解明されていない点が多いものの、抗酸化作用などの健康効果が期待されている成分です。

長寿に役立つ成分として期待

スペルミジンは有機化合物ポリアミンのひとつで、細胞の代謝やたんぱく質の生成に深く関与しています。近年の研究によって細胞の寿命を延ばす効果があるというデータが発表されており、長寿に役立つ成分として期待されています。

肌や粘膜の健康に欠かせない、ビタミンのB群のひとつ

ビタミンB群のひとつ、ビオチンは肌や粘膜の健康を保つ上で欠かせない水溶性のビタミン。ビタミンB7、ビタミンHとも呼ばれており、糖や脂肪酸、アミノ酸の代謝などにも関わっている重要な栄養素です。炎症を抑える物質を生成してアレルギー症状を緩和させる働きがあることも知られています。

腐った肉のような匂いが特徴の物質

ユーグレナに含まれているプトレシンは、特徴的な匂いが特徴の物質。アンモニアと分子構造の一部が異なるアミンという種類の成分で、腐った肉のような匂いだと言われています。近年の研究では、細胞分裂の増殖因子であることから、人に対する医療効果も期待されているそうです。

γ-リノレン酸から作られる、ω-6脂肪酸の一種

ユーグレナに含まれるジホモγ-リノレン酸は、不飽和脂肪酸であるω-6脂肪酸の一種。γ-リノレン酸が変換されることで作られる成分であり、抗炎症作用やアトピー性皮膚炎の改善効果、PMSの緩和効果について研究が進んでいます。

当サイトのご利用にあたって

当サイト(保存版!ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト)は、私たち「ユーグレナまとめ委員会」が運営する、ユーグレナに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載するように心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

ユーグレナまとめ委員会について