ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト » ユーグレナに含まれる成分 » ユーグレナに含まれるアラキドン酸の効果とは?

アラキドン酸とは、n-6系多価不飽和脂肪酸と総称されている脂肪酸の一種。脳の神経細胞の新生に、極めて深く関与している成分です。脳が急速に成長する胎児期から幼児期においては、非常に重要な成分とされています。様々な働きを持つアラキドン酸ですが、その不足・過剰は、健康に様々な被害をもたらします。適度な量を摂取するため、食生活の見直しを始め、サプリメントを上手に利用するなどしたほうが良いでしょう。

アラキドン酸とは

アラキドン酸とは、脂肪を構成する「脂肪酸」と総称される成分の一種。「脂肪酸」の中でも、n-6系多価不飽和脂肪酸と呼ばれる分類に属している成分です。

アラキドン酸の大きな役割は、脳の神経細胞の新生。脳の働きの主役を演じるのが神経細胞であることを考えると、アラキドン酸は、人間を人間たらしめている大事な成分と考えて良いでしょう。

特に、脳の神経細胞が急速に成長する胎児期、乳児期、幼児期においては、アラキドン酸は極めて重要な役割を持つとされています(そのため、母乳には豊富なアラキドン酸が含有されています)。

なお、かつては「脳の神経細胞は幼児期をピークに増えることはない」と考えられてきましたが、現在では、ピークを過ぎてからでも脳の神経細胞は新生することが分かっています。

すなわち、アラキドン酸を摂取し、かつ脳をしっかりと使うことで、年を重ねても人の頭はさらに進化するということです。

アラキドン酸の効果・効能

アラキドン酸は、プロスタグランジンという物質の原材料の一つ。よってアラキドン酸の効果・効能は、プロスタグランジンのそれと概ね同じと考えてください。

免疫機能のバランスを良くする効果

アラキドン酸は、プロスタグランジンという物質の材料となります。プロスタグランジンとは、免疫機能のバランスを良くする働きを持つ物質。よってアラキドン酸は、間接的に様々な病気の予防効果を持つことになります。

高血圧を予防する効果

アラキドン酸が材料となって作られるプロスタグランジンという物質には、血圧をコントロールする働きもあります。

血中コレステロールの量を減らす効果

同じくプロスタグランジンには、血中のコレステロール値を正常化する働きがあります。

脳の機能を高める効果

アラキドン酸は、脳の神経細胞の主要成分の一つ。昨今の研究により、脳の神経細胞は新生することが明らかとなっているため、アラキドン酸を摂取することにより脳神経が新生され、脳の機能が高まる可能性があります

【参考】アラキドン酸の効果・効能の注意点

アラキドン酸は、様々な効果・効能を持つ優れた成分。ただし、過剰摂取をすると、それらの効果・効能がまったく逆向きになって発揮されるという変わった性質を持つ成分でもあります。

昨今、日本人の食習慣が欧米化してきた影響で、50年前と比較すると、日本人のアラキドン酸の摂取量は4倍になったとの報告もあります。

アラキドン酸の過剰摂取は、上記作用を逆に向けるだけではなく、他にも大腸癌、皮膚がん、動脈硬化、前立腺がん、アトピー性皮膚炎など様々な病気の要因となることが指摘されているので注意が必要です。

アラキドン酸の不足も良くありませんが、過剰摂取も問題であることを十分に承知のうえ、栄養バランスを考えた食生活を送るようにしましょう。

アラキドン酸の摂取方法・アラキドン酸が多く含まれる食品

アラキドン酸の摂取方法

日ごろの食生活で適度に肉や魚を摂っていれば、必要なアラキドン酸は十分に摂取が可能です。逆に言えば、ダイエット目的などで極端に野菜中心の食生活に偏っている場合、アラキドン酸不足に陥っている可能性があるので注意してください。

下記の「アラキドン酸が多く含まれる食品」を確認し、不足がちだと思われる方は、アラキドン酸を含有したサプリメントを補助的に利用することをおすすめします。

なお、上でも解説した通り、昨今の日本では食の欧米化が進んでいることから、アラキドン酸の過剰摂取が問題視されています。栄養バランスの良い和食中心の食習慣をおすすめします。

アラキドン酸が多く含まれる食品

アラキドン酸は、肉類や魚介類の卵、およびレバーに多く含まれています。特に魚卵の含有量は、魚の種類を問わず多めです。

アラキドン酸は、鶏卵の黄身に多く含まれています。生卵、茹で卵に関わらず黄身における含有量が非常に多めです。鶏卵だけではなく、ピータンなど、他の鳥類の卵にも多く含まれています。

魚介類

アンキモ、カラスミ、キャビア、ウナギ、マグロの脂身、マサバ、アワビ、ウニ、ブリ、スジコなど、アラキドン酸は様々な魚介類に豊富に含有されています。特に魚卵での含有量が多めです。

肉類

豚レバー、フォアグラ、鯨の皮、牛レバー、鴨などに多く含まれています。肉類においては、レバーの含有量が多めです。

海藻類

ワカメ、ヒジキなどの海藻類にもアラキドン酸は多く含まれています。

当サイトのご利用にあたって

当サイト(保存版!ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト)は、私たち「ユーグレナまとめ委員会」が運営する、ユーグレナに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載するように心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

ユーグレナまとめ委員会について