ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト » ユーグレナに含まれる成分 » ユーグレナに含まれる肌に大切なビオチン

お肌を健やかに保つ栄養素・ビオチン

ユーグレナに含まれるビオチンは、お肌や粘膜の健康を保つために大切な栄養素です。ビオチンの働きや、効果・効能、摂取するときの注意など、詳しく解説します。ビオチンはお肌や粘膜の健康を保つために大切な栄養素です。ビオチンの働きや、多く含まれている食品、効果・効能、摂取するときの注意など、詳しく見てみましょう。

ビオチンの働き

ビオチンはビタミンB群に分類される水溶性のビタミンです。ビタミンB7、ビタミンHとも呼ばれています。ビタミンHの「H」はドイツ語の「Haut(皮膚)」からきており、皮膚の炎症を防ぐ因子として発見されました。体の中では補酵素として働くことから、補酵素Rと呼ばれることもあります。

肌の機能を正常に保つ

ビオチンは糖や脂肪酸の代謝、アミノ酸の一種であるロイシンの代謝にも関わっている身近な必須栄養素でありながら、皮膚の病気の治療にも使われています。

ビオチンには、炎症を抑える物質をつくり出すことにより、アレルギー症状をやわらげる作用があります。さらに、コラーゲンやセラミド(細胞間脂質)などのタンパク質の生成にも関わっており、皮膚をつくる細胞を活性化させ、老廃物の排出を助け、皮膚のバリア機能を正常に保つ働きもあります。このことからアレルギー反応により湿疹ができてしまうアトピー性皮膚炎の治療にも用いられることがあります。

ビオチンは栄養強化剤として栄養機能食品に含まれることがあります。ビオチンの補給を目的とし、その成分を前面に表示する栄養機能食品として販売する場合は、厚生労働省の「栄養表示基準」によって、「ビオチンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。」と表示することが定められています。

免疫機能を高め、血糖値を下げる

ビオチンの不足は、リウマチなどの免疫不全症や糖尿病にも関わっていると言われています。ビオチンを摂ることで、免疫機能を正常な状態に戻したり、血糖値を下げたりすることが知られており、これらの疾患の治療に使われています。

ビオチンが多く含まれる食品

ビオチンは人の体内において、腸内細菌がつくり出すことができる栄養素です。しかし、乳製品や卵白、アルコールなどを取り過ぎたり、抗生物質や下痢、喫煙、ストレスなどの影響によって腸内細菌のバランスが崩れたりすると、ビオチンが不足することがあります。また、動物実験によると、妊娠中にビオチン欠乏症となった場合、高い確率で胎児の奇形が誘発されていることが報告されているため、妊娠中は特に注意が必要です。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、成人男女で1日あたり50μgのビオチンを摂ることが目安とされています。

ビオチンを多く含む食品は、植物性食品では落花生、ヘーゼルナッツなどのナッツ類や、しいたけ、きくらげなどのきのこ類が挙げられます。動物性食品では鶏のレバーに多く含まれており、他にも豚肉や牛肉、卵黄に多く含まれています。

しかし、ビオチンが多く含まれていても、吸収できる割合は食品に寄って大きく異なります。例えば、小麦などの穀物に含まれるビオチンは、人はほとんど吸収することができません。一方で、ビオチンは水溶性ビタミンですので、多く摂取しても体外に排出されやすく、過剰症などの問題も報告されていません。

ビオチンは日常において大きく不足することは少ない栄養素ですが、不足が気になるときはサプリメントなどで補うことも検討しましょう。

ビオチンを摂るときの注意点

ビオチンを摂る際は、なるべく効果が出るように気をつけたいものです。ビオチンの吸収に影響が出ないよう、以下のことに気をつけましょう。

生の卵白を取りすぎない

生の卵白には、ビオチンと結合して吸収されにくくする作用があるため、大量摂取には注意が必要です。1日10個以上の生卵白を摂ると、皮膚の湿疹や白髪、結膜炎、筋肉痛、不眠、神経障害などのビオチン欠乏症の症状が現れることがあります。加熱した卵白にはこうした作用は無いため、卵白を多く食べる場合は加熱するようにしましょう。

薬との飲み合わせに気をつける

抗生物質を服用していると、腸内細菌のバランスが崩れ、ビオチン不足になる可能性があります。また、ステロイドの内服薬は、ビオチン欠乏症を悪化させるため、治療のためにビオチンを摂取していても十分な効果が出なくなってしまいます。ステロイドを使用する場合は、塗り薬などの外用薬として使用するのが良いでしょう。

当サイトのご利用にあたって

当サイト(保存版!ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト)は、私たち「ユーグレナまとめ委員会」が運営する、ユーグレナに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載するように心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

ユーグレナまとめ委員会について