ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト » ユーグレナに含まれる成分 » ユーグレナに含まれるドコサペンタエン酸とは?

魚由来の成分・ドコサペンタエン酸

魚の脂に含まれる栄養成分というと、DHAやEPAが有名です。一方、含まれる量は多くないものの、健康効果が期待できると近年注目を集めている「ドコサペンタエン酸」という成分はご存知でしょうか。DPAと略されることもあるドコサペンタエン酸は、ユーグレナにも含まれることがわかっています。その働きや効果、多く含まれる食品について調べました。

ドコサペンタエン酸とは?

ドコサペンタエン酸は脂肪酸の一種で、その中でもω-3脂肪酸という必須脂肪酸に分類されます。必須脂肪酸は体内で作り出すことができず、食品から摂ることが必須であるため、このように呼ばれています。ω-3脂肪酸の代表的なものとして、食用調理油に多く含まれるα-リノレン酸や、魚介類に多く含まれるDHA・EPAが挙げられますが、ドコサペンタエン酸はDHAとEPAの中間のような分子構造をしており、その機能もDHAやEPAとよく似ていて、特に、EPAと似ている点が多く見られます。

動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞の予防効果

動脈硬化を予防したり、血液をサラサラにしたりする効果があります。海産物を多く食べる地域では、昔から脳梗塞や心筋梗塞が少ないことが知られており、その健康効果が注目されてきました。ドコサペンタエン酸は「血管内皮細胞遊走促進効果」と呼ばれる、血栓の予防効果がEPAの10倍から20倍あると言われており、現在研究が進められています。血管内皮細胞の遊走能(柔軟性や修復に係る機能)が高められることで、脳梗塞や心筋梗塞など、血管が狭まることで起こる疾患を予防していると考えられています。

胎児の神経組織を構成

同じω-3脂肪酸のDHAは、神経組織の構成脂質であり、神経シナプスや網膜の光受容体に多く存在しています。妊娠中は、胎児の器官をつくるため、ドコサペンタエン酸も含め、十分な量のω-3脂肪酸を摂取することが必要です。

そのほかにも、ドコサペンタエン酸にはアレルギーの予防や改善、皮膚疾患の改善、肝臓がんの予防、うつ病や認知障害の改善・予防といった効果が期待されており、今後の研究が望まれます。

ドコサペンタエン酸が不足すると?

ドコサペンタエン酸を含むω-3脂肪酸が不足すると、皮膚炎などの皮膚障害が現れます。平成22年・23年の国民健康・栄養調査の結果によると、ω-3脂肪酸の日本人30~49歳の中央値は、2.1g/日(男性)、1.6g/日(女性)となっており、アメリカ人31~50歳でのω-3脂肪酸摂取量の中央値は、1.8g/日(男性)、1.2g/日(女性)と比較すると、日本人は多くのω-3脂肪酸を摂取していることがわかります。しかし、食生活の変化に伴って、その摂取量は減少しているため、不足には注意が必要です。

一方で、ω-3脂肪酸は言うまでもなく脂質ですので、過剰摂取は肥満やメタボリックシンドローム、生活習慣病の原因となります。ドコサペンタエン酸はアミノ酸の一種であるアルギニン酸と一緒に摂取すると効果的です。魚食を取り入れながら、様々な食品をバランスよく食べることで、より効果を発揮するでしょう。

ドコサペンタエン酸を多く含む食品

ドコサペンタエン酸が多く含まれているのは、アザラシの油やマンボウの肝油です。といっても、アザラシやマンボウを普段の食生活に取り入れるのは難しいでしょう。私たちにとって身近な魚であるマグロやサケ、アジ、サバ、イワシにも含まれていますので、旬の魚を中心に、毎日の食事で摂取することができます。厚生労働省の「日本人の食事摂取基準2015」では、ω-3脂肪酸の1日あたりの目安量を成人男性で2.0〜2.2g、成人女性で1.6〜2.0gと定めています。魚の種類にもよりますが、1日に切り身ひと切れを目安に、継続的に食べることが大切です。

食事が欧米化した現在では、煮魚や焼き魚などのおかずを取り入れる頻度が減り、「毎日魚を食べる」というのが難しいのが現状ではないでしょうか。また、近年は魚に蓄積した環境汚染物質や重金属が問題視されているほか、世界的な魚資源不足も課題となっています。ドコサペンタエン酸を含んでいるユーグレナなどのサプリメントを上手に活用し、ドコサペンタエン酸を摂取する習慣をつくると良いでしょう。

当サイトのご利用にあたって

当サイト(保存版!ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト)は、私たち「ユーグレナまとめ委員会」が運営する、ユーグレナに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載するように心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

ユーグレナまとめ委員会について