ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト » ユーグレナに含まれる成分 » ユーグレナに含まれるグリシンの効果とは?

ここでは、ユーグレナ(ミドリムシ)に含まれる代表的な成分として、グリシンをご紹介します。良質な睡眠に導いてくれることで有名なグリシンですが、他にも、コラーゲンの生成量を増やすことから美肌効果が期待されている成分です。グリシンを多く含む食品は、牛すじや手羽先、豚足などのゼラチン質。グリシンが不足した場合、睡眠障害や肌荒れがなどを生じる恐れがあるので、日ごろからバランスの取れた食生活を送るよう心がけましょう。

グリシンとは

グリシンとは、人体に存在するタンパク質を構成しているアミノ酸の一種。体内で自然に合成される「非必須アミノ酸」に属する成分です。

グリシンの名が世間で有名になったきっかけは、その睡眠誘導効果。睡眠に深く関与しているセロトニンの分泌量を増加させることに加え、血管拡張により体温を低下させる作用もあることから、質の高い睡眠やスムーズな入眠をサポートすると考えられています。

また、体内に存在するコラーゲンの1/3はグリシンが占めています。よって、グリシンを摂取することにより美肌効果も期待できるのでは、と言われています。

こうした作用が期待されているグリシンなので、体内がグリシン不足に陥ると、睡眠障害や肌荒れなどが生じる可能性があります。ただし、栄養バランスの取れた適切な食生活を送っている限り、体内でグリシンが不足することは考えにくいので、過度に心配することはないでしょう。

なお、動物実験によると、グリシンの過剰摂取が呼吸筋に麻痺をもたらした、との報告があります。人間における過剰摂取の副作用の報告は確認できませんでしたが、特に妊娠中の女性や授乳中の女性については、グリシンの過剰摂取に注意すべきとの意見もあります。

なお、グリシンの睡眠サポート効果が研究されるきっかけとなったのは、他の薬の効果を実験する際に、グリシンがプラセボ(偽薬)として用いられたこと。何の効果もないはずのプラセボを飲んだ被験者が、翌日に疲労感が軽減したことが、グリシンの睡眠効果を実験するきっかけとなりました。

グリシンの効果・効能

様々なグリシンの効果・効能の中でも、特に有名なものが睡眠に関わるもの。グリシンには、睡眠に深く関与しているセロトニンの分泌量を増加させる働きがあることが知られていますが、その他にも良質な睡眠に繋がる働きが確認されています。

入眠をスムーズにする効果

グリシンには、血管を拡張させて体温を下げる働きがあります。人は深部体温を下げることでスムーズな入眠に誘導されるため、眠る前にグリシンを摂ることで自然な休息を得られる可能性があります。

睡眠の質を高める効果

寝る前にグリシンを摂取すると、良質な眠りであるノンレム睡眠の時間が増えることが分かっています。スムーズな入眠を導くことに加え、グリシンには睡眠の質を高める作用もあると考えられています。

うつ症状を緩和させる効果

グリシンには、脳内の神経伝達物質であるセロトニンを増加させる働きがあるとされています。セロトニン不足は、うつ症状を誘発する要因の一つ。グリシンを摂取することで、うつ症状の改善効果が期待できます。

美肌効果

肌にハリやツヤを与えている主要な成分はコラーゲン。肌に存在するコラーゲンの1/3はグリシンなので、摂取することにより美肌効果を得られる可能性があります。

グリシンの摂取方法・グリシンが多く含まれる食品

グリシンの摂取方法

日常生活において適切なタンパク質、ゼラチン質などが摂取できていれば、体がグリシン不足に陥ることは、ほとんどないと考えられます。

ただし栄養バランスが乱れた食生活を送っている場合には、グリシンが不足している可能性があるので注意してください。特に、肌の乾燥が著しい人は、コラーゲンの主要な構成要素であるグリシンが不足している可能性があります。食生活を見直すとともに、グリシンを含むサプリメントの摂取などを心がけると良いでしょう。

グリシンが多く含まれる食品

グリシンはアミノ酸の一種。アミノ酸はタンパク質を構成している成分なので、タンパク質を多く含む食品にはグリシンも多く含まれる傾向があります。肉のゼラチン質の中には、特に多めに含有されています。

肉類

肉類には多くのグリシンが含まれていますが、中でも特にゼラチン質の部分における含有量が豊富。皮つきの鶏肉や、手羽先、牛すじ、鶏の軟骨、豚足などには、豊富なグリシンが含まれています。

魚介類

タラ、スルメ、エビ、イワシ、ホタテ、カレイ、ニジマス、ウニなどを中心に、魚介類にも豊富なグリシンが含まれています。

大豆食品

大豆自体がタンパク質を多く含む食材。よって、大豆から加工された食品にも豊富なグリシンが含まれています。具体的には、湯葉、豆腐、凍り豆腐、油揚げなど。

海藻類

干し海苔、焼き海苔、味付け海苔など、海藻類の中でも特に海苔にグリシンが多く含まれています。

当サイトのご利用にあたって

当サイト(保存版!ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト)は、私たち「ユーグレナまとめ委員会」が運営する、ユーグレナに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載するように心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

ユーグレナまとめ委員会について