ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト » ユーグレナに含まれる成分 » ユーグレナに含まれるリノール酸の効果とは?

ユーグレナ(ミドリムシ)には、リノール酸と呼ばれる油の成分が含まれています。リノール酸とは、人の健康を維持していく上で不可欠な成分であり、体内では自然に合成されることのない成分。リノール酸不足に陥らないよう、意識的に食事によって摂る必要があります。逆に、リノール酸過多となった場合も健康に害を及ぼす恐れがあるので、摂り過ぎには注意しなければなりません。

リノール酸とは

リノール酸とは、脂肪酸と総称される成分の一つ。脂肪酸とは、大雑把に言えば油のことです。魚の脂、牛肉の脂、液体の植物油、牛乳に含まれる脂(脂肪分)など、それぞれの見た目は全くことなりますが、成分の分類としては油(脂)の大半は脂肪酸と総称されます。

脂肪酸は、さらにいくつかの種類に分けられますが、その中の一つに「必須脂肪酸」というカテゴリに分類される油があります。「必須脂肪酸」とは、体内で自然に生成されることのない油のこと。言い換えれば、外部から摂取しなければならない油のことです。リノール酸は、この「必須脂肪酸」に属します。

バランスの取れた一般的な食生活を送っていれば、リノール酸不足に陥ることはほとんどありません。ただし、ダイエットなどで油の摂取を制限している人は、場合によってはリノール酸不足に陥る恐れもあるので、注意しなければなりません。

リノール酸の効果・効能

人間の健康維持のために欠かせないリノール酸。血中コレステロールを減少させるなど、大事な役割を担う成分として知られています。

リノール酸は、体内で自然に生成されることがない成分なので、食事等から摂取しなければなりません。ただし過剰摂取には注意。善玉コレステロールを減少させたり、カロリーオーバーから肥満を招いたりすることがあるからです。

血中コレステロールを減少させる効果

リノール酸を代表する効果と言えば、血中のコレステロールを減少させること。油を摂り過ぎるとコレステロールが増えるイメージがありますが、リノール酸の場合に関しては、その逆です。

コレステロールは悪玉と善玉とに分かれます。リノール酸の作用によって悪玉コレステロールが減少すれば、血液がサラサラになり、動脈硬化の予防につながるでしょう。動脈硬化は心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などとも深く関連しているため、これら命に関わる疾病の予防にも一定の効果が期待できます。

ただし、リノール酸を過剰摂取した場合、善玉コレステロールも減少させてしまう恐れがあるため注意しなければなりません。

美しい肌を保つ効果

リノール酸には、高い保湿作用や抗炎症作用があります。言い換えれば、肌のバリア機能を向上させる働きや、肌トラブルを予防する働きがあるということ。この作用を応用し、現在では美肌用の様々な乳液やクリーム等に配合されています。馬油、グレープシードオイル、ローズヒップオイルなどは、特にリノール酸を多く含む美肌商品です。

他にも、リノール酸には免疫機能を調整する働きや、子どもの発育を促進させる働きなどがあると考えられています。

リノール酸の摂取方法・リノール酸が多く含まれる食品

リノール酸の摂取方法

ダイエット目的などで油を徹底排除した食生活を送る人もいるようですが、そのような極端な例ではない限り、リノール酸は通常の食事から十分に摂取することが可能です。

ただし、上でも説明している通り、リノール酸は体内で自然に合成されることのない「必須脂肪酸」の一つ。外部からの摂取が極端に少なければ欠乏症に陥る恐れがあります。不安な方は、サプリメントを利用するなどして補充するようにしましょう。

リノール酸が多く含まれる食品

私たちが一般にイメージする液体の「油」には、多くのリノール酸が含まれています。よって、油の多い食事を好んで食べている人は、リノール酸不足になることはないでしょう。ただし、そういったメニューの多くは塩分やカロリー過多などの問題が生じる恐れがあるため、「リノール酸を摂るために油っこいメニューをたくさん食べよう」とは考えないようにしてください。

ひまわり油、なたね油、トウモロコシ油、大豆油、ラー油、ごま油など、私たちが日常で目にするほとんどの油には、リノール酸が大量に含まれています。
ナッツ類・種類
松の実、落花生、ひまわりの種、ごま、ピスタチオ、アーモンド、大豆など、ナッツや植物の種には、リノール酸が多く含まれています。
マーガリン
マーガリンは、その多くが油で作られているため、必然的にリノール酸も多く含まる形になります。
揚げ菓子
ポテトチップスなどの揚げ菓子にも、リノール酸が多く含まれます。揚げる際に、素材が油を多く吸収するためです。同じ理屈で、天ぷらや唐揚げなどにもリノール酸は豊富に含まれます。
ドレッシング
フレンチドレッシングなどの従来からある油を配合したドレッシングにも、リノール酸が多く含まれています。昨今流行りのノンオイルドレッシングには、ほとんどリノール酸は含まれていません。

当サイトのご利用にあたって

当サイト(保存版!ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト)は、私たち「ユーグレナまとめ委員会」が運営する、ユーグレナに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載するように心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

ユーグレナまとめ委員会について