ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト » ユーグレナに含まれる成分 » ユーグレナに含まれるパラミロンの力

ユーグレナは栄養の宝庫!
パラミロンの力とは?

その効果・効能に世界が注目

未来の「スーパーフード」としても期待が高まるユーグレナにおいて、そのメリットの1つこそ、ユーグレナだけが生み出せる栄養「パラミロン」です。

パラミロンの効果・効能は世界中で研究が進められており、アレルギー皮膚炎の症状緩和や、インフルエンザ症の軽減、便通改善に体内の老化防止、ガン予防など、実に様々なメリットが示唆されています。

今回は、そんなパラミロンの持つ魅力について総合的にまとめてみました。

パラミロンの特徴

パラミロンはユーグレナだけが持つ成分

動物と植物の性質を併せ持つ微生物「ユーグレナ」は、日本では「ミドリムシ」として知られる単細胞生物です。ユーグレナは自然界に広く生息しており、太陽の光を受けて栄養を生み出す光合成の機能と、2本の鞭毛を使って水の中を泳ぎ回る運動機能を兼ね備えています。

ユーグレナには59種類もの栄養が含まれているだけでなく、その栄養バランスは動物にとって非常に適したものであることも特徴です。また、その栄養の中にはユーグレナだけが生成することの出来る成分も含まれており、「パラミロン」もその1つです。

「βグルカン」の一種

パラミロンとは、ユーグレナだけが生み出すことの出来る栄養成分で、ブドウ糖(グルコース)が「β-1,3-結合」という形で700個以上もつながって作られています。

また、パラミロンのように、ブドウ糖がβ-1,3-結合で連結している多糖類を総称して「βグルカン」と呼びます。

人体にとって数多くのメリットがある

βグルカンは、パラミロンとしてユーグレナに含まれているだけでなく、酵母の細胞壁や、霊芝、アガリクスなど、健康食品として人気の食べ物にも含まれている、人体にとって数多くのメリットが期待されている栄養成分です。

ユーグレナで示唆されている高い栄養効果は、βグルカンとしての総合的な性質と、パラミロンに特有の性質、またその他にも数多く含まれている豊富な栄養の相互作用とも言われています。

健康になりたい人必見!パラミロンの効能

便通改善・便秘解消

パラミロンは基本的に体内で消化・吸収にくく、摂取後はそのまま腸へと進む物質です。また、パラミロンの粒子は、表面に微細な「穴」を幾つも備えており、この穴に腸内の余分な栄養や老廃物を吸着することで、不要な物質を体外へ排出するサポートを行います。

腸から不要な物質が除去されると、腸内環境が良くなり、結果として便通が改善したり便秘が解消したりする効果が期待できる為、パラミロンは便秘に悩む多くの人から注目を集めています。(※1)

コレステロールや血糖値の調整

ユーグレナから取り出したパラミロンを、マウスに餌として食べさせた所、通常の食物繊維(セルロース)よりも同等以上のコレステロール排出効果が示されました。

また、パラミロンには不要な栄養を排出して、体内への吸収を抑制することで、血糖値の調節にも役立つと期待されています。(※2, 3)

ダイエットのサポート

不要なコレステロールや栄養などの排出をサポートするということは、つまり体内への余分なカロリーの吸収を防ぐということでもあり、パラミロンはダイエットを補助する食品としても最適かも知れません。(※2, 3)

抗酸化作用

パラミロンには、体内で細胞の酸化(老化)を予防する抗酸化作用があるとされています。その為、パラミロンは肝機能の補助としてだけでなく、エイジングケアなど美容分野でも注目されている栄養です。(※2)

アトピー性皮膚炎の緩和

パラミロンには、体内でのアレルギー反応を抑制し、皮膚炎の症状を見た目にも軽減させる効果があると示唆されています。(※2)

インフルエンザなどの症状の緩和

パラミロンには免疫力を向上させる効果が期待されており、インフルエンザウィルスに感染したマウスにパラミロンを餌として与えた所、肺の中のウィルス数が減少し、生存率が高まったというデータが得られました。(※4)

花粉症をやわらげる

花粉症もアレルギー反応の一つです。その為、免疫力を高めてアレルギー反応を抑えるとされているパラミロンは、経口摂取によって花粉症の症状を和らげるかも知れない機能性食品の1つと言えるでしょう。(※5)

肝臓の保護

パラミロンの摂取で肝臓へのダメージを減少させたり、非アルコール性脂肪性肝炎などによる肝臓への悪影響を低減させたり出来る可能性が示唆されています。(※6)

自然治癒力の向上

パラミロンから作られたフィルムで切り傷を負ったマウスの傷口を覆った所、その傷の治るスピードが高まったという実験結果が得られました。(※7)

関節リウマチの症状緩和

関節にリウマチ性の炎症を起こしているマウスに、パラミロン粉末を与えることで、免疫機能が調整され、関節リウマチの症状が緩和したというデータが確認されています。(※8)

胃潰瘍の抑制

ストレス性の胃潰瘍を発症させたラットに、パラミロンを含んだ餌を2週間継続して与えた結果、胃酸による胃粘膜へのダメージが和らぎ、損傷部位も減少したという研究報告が為されました。(※9)

ガン予防

βグルカンには抗腫瘍効果があるとされている為、βグルカンの1種であるパラミロンを継続的に摂取することで、ガン予防にもつながるかも知れません。(※2)

食品としての利用

天然甘味料の原料

パラミロンは、そのままでは非消化性の物質ですが、人工的に処理することで人体でも消化できる「トレハロース」に変換できることが分かっています。

トレハロースは天然の甘味料として日常の様々な食料品に使用されている、とても身近な成分です。(※10)

当サイトのご利用にあたって

当サイト(保存版!ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト)は、私たち「ユーグレナまとめ委員会」が運営する、ユーグレナに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載するように心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

ユーグレナまとめ委員会について