ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト » ユーグレナに含まれる成分 » ユーグレナに含まれるリンの効果とは?

ユーグレナ(ミドリムシ)に含まれている成分の一つに、リンがあります。人間の生命維持には不可欠な成分で、特に骨や歯には多く含まれているミネラルです。一般的な食生活を送っている人において、リン不足はほとんど起こりません。ただし、偏った食習慣や極端なダイエットの結果、リン不足を招いて健康を害する恐れがあるので、該当する人は十分に注意しなければならないでしょう。リン不足が懸念される場合は、意識してユーグレナなどから補給するようにしましょう。

リンとは

リンとは、カルシウムやマグネシウム、ナトリウムなどと同じ、人体の生命維持にとって欠かせないミネラル成分の一つ。主な働きとして骨や歯の形成に役立っていますが、他にも、体内のあらゆる細胞に存在して様々な役割を担っています。

人の体重の約1%はリン。そのうち85%は骨や歯に存在し、残り15%は細胞膜や核酸、ATP(細胞のエネルギー貯蔵庫)の構成要素などとして存在しています。

リンはあらゆる食材に含有されている成分なので、普通に食事を摂っているかぎり、そうそう不足することはありません。逆に、食品添加物などにも使用されている成分であることから、過剰摂取のほうが問題視されています。

リンを過剰摂取すると、カルシウムの働きが阻害され、骨や歯の形成を妨げることになります。逆に、カルシウムを過剰摂取するとリンの働きが阻害され、同様に骨や歯の形成を妨げることになります。

リンとカルシウムをバランス良く摂ることが、骨や歯の形成には大事なのです。

リンの効果・効能

タンパク質などとは異なり、体内におけるリンの役割は、決して主役ではありません。しかしながら、体内における大半の組織において、リンは様々な働きをしています。脇役ながらも、生命維持には不可欠な存在。それがリンという物質です。

骨を作る作用

リンには、カルシウムやマグネシウムと協力して骨や歯を作る働きがあります。すでに出来ている骨や歯を丈夫に保つ際にも、リンは欠かせないミネラルです。

なお、骨に含まれる各種ミネラルのうち、カルシウムに次いで多いのがリンです。

細胞にエネルギーを蓄える働き

人の細胞の中には、ATPという組織があります。ATPとは、簡単に言えばエネルギーを溜めておく貯蔵庫です。

リンはATPの構成成分。ATPからリンが引き離される際、細胞からエネルギーが放出される仕組みとなっています。

体のあらゆる細胞の構成成分としての働き

リンは体のあらゆる部位における構成要素として欠かせない成分。細胞膜の一部として、DNAの遺伝子情報を持つ核酸として、神経伝達物質の一部としてなど、あらゆる生命維持活動のベースに存在し、重要な役割を果たしています。脳の形成においても、リンは不可欠な物質です。

リンの摂取方法・リンが多く含まれる食品

リンの摂取方法

リンは様々な食材に含まれています。1日3食、バランスの良い食生活を送っていれば、十分な量のリンを摂取することになるでしょう。大半の人は、リン不足を心配する必要はありません。

それよりも、昨今は食の欧米化(肉食の傾向)により、逆にリンの過剰摂取が懸念されています。また、食品添加物にリンが多量に使用されている点にも注意が必要です。

リンはカルシウムと協働する関係にあるため、両者のバランスは一定であることが望ましいとされています。リンを過剰に摂り入れる事で、カルシウムの働きを阻害してしまわないよう気を付けていくことが重要。

リン不足、リン過剰摂取を起こさないために、バランスの良い食習慣を維持するようにしましょう。

リンが多く含まれる食品

あらゆる動植物に豊富に含まれているリン。動物系の食材には特に多く含まれています。

乳製品

牛乳を含む乳製品には、非常に多くのリンが含まれています。乳製品にはカルシウムも豊富に含まれているので、摂取することで様々な相乗効果が期待できます。

魚介類

魚介類にも多くのリンが含まれています。特に、淡水魚であるワカサギに多く含まれていることが知られています。魚介類もまた、乳製品と同様にカルシウムとの相乗効果が期待できるでしょう。

大豆製品

納豆、豆腐、豆乳などの大豆製品もリンの宝庫。茹でただけの枝豆にも、リンはたくさん含有されています。納豆1パックだけでも相当量のリンを摂取することができます。

肉類

肉類にもリンは豊富に含まれていますが、リンに比べてカルシウムの量が少なめ。両者のバランスは非常に重要です。肉類の食べ過ぎはリン過多を招いてしまうので注意しましょう。

当サイトのご利用にあたって

当サイト(保存版!ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト)は、私たち「ユーグレナまとめ委員会」が運営する、ユーグレナに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載するように心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

ユーグレナまとめ委員会について