ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト » ユーグレナに含まれる成分 » ユーグレナに含まれるナトリウムの効果とは?

ユーグレナ(ミドリムシ)に含まれる成分の中に、ナトリウムがあります。ナトリウムと聞くと「食塩」のイメージがあるかと思いますが、確かにナトリウムは食塩に含まれる主要成分の一つ。ただし「食塩=ナトリウム」という訳ではないので、誤解のないようにしてください。ナトリウムは、主に私たちの筋肉の動きにおいて重要な役割を果たすミネラル。汗をかくとナトリウム不足になることがありますが、運動後、足がつることが多い理由の一つは、ナトリウム不足です。

ナトリウムとは

ナトリウムとは、食塩に含まれる主要成分の一つ。カルシウムやマグネシウム、リン、カリウムなどと共に、人間が生命維持活動を営むうえで欠かせないミネラルです。

「食塩=ナトリウム」というイメージがありますが、正確に言うと「食塩(g)=ナトリウム量(g)×2.54」。公式を覚える必要はありませんが、「食塩=ナトリウム」ではないことは覚えておきましょう。

一般的に、塩分の摂り過ぎは健康を害するとされており、昨今、スーパーなどでは減塩食品を多く見かけます。確かに塩分の摂り過ぎは動脈硬化、高血圧、脳卒中、心臓病などの要因の一つとなるため、過剰摂取は避けるべきでしょう。ただし、大量に発汗した後などには一時的にナトリウム欠乏の状態になることがあるので、運動する際や夏場などには、こまめにナトリウム補給をすることが大切です。

ナトリウムの効果・効能

「食塩に含まれる主要成分」という理由で、なんとなく悪者扱いされることが多いナトリウム。しかし実際には、我々人間はナトリウムなしで健康な体を維持することはできない仕組みになっています。確かに摂り過ぎは問題ですが、欠かす事のできない物質であることは間違いありません。

神経細胞の情報伝達を正常にする効果

脳から下された情報は、神経組織を経由して体の末端まで伝えられます。この際、神経間で情報を伝達する役割を担っているのが、ナトリウム。

厳密に言うと、ナトリウムイオンとカルシウムイオンが入れ替わることで電気信号が発せられ、この電気信号により神経間で情報が交わされます。

ナトリウムが不足すると神経間での電気信号がスムーズに行われず、体の正常な動きに支障をきたします。

筋肉の動きを正常にする効果

細胞の外側にはナトリウムが存在し、細胞の内側にはカリウムが存在します。

脳からの指令によって筋肉を動かす際、細胞の外側のナトリウムは細胞内に侵入。これにより筋肉細胞が緊張して収縮し、筋肉が動くしくみになっています。

ナトリウムが不足すると、筋肉を自由に動かすことができなくなったり、筋肉が痙攣を起こしたりすることがあります。いわゆる「足がつる」という現象は、ナトリウム不足による筋肉の痙攣が原因の一つです。

ナトリウムの摂取方法・ナトリウムが多く含まれる食品

ナトリウムの摂取方法

味噌や醤油などを多用し、食塩を多く含むパンや麺類を多く食べたる日本人は、ナトリウム欠乏症になることは、まずありません。

厚生労働省によると、成人男女における1日のナトリウム摂取量の目安は600mg。食塩相当量に換算すると1.5gとなります。一般的な食事を摂っている限り、日本人の成人における1日の食塩摂取量が1.5gを下回ることはまず考えられません。

むしろ懸念すべきは、欠乏よりも過剰摂取。ナトリウムの過剰摂取が長く続いた場合、動脈硬化等の様々な体の不調を招く恐れがあるからです。塩辛いものが好きな人は、特に注意が必要でしょう。

なお、夏場の暑さによる発汗や、運動後の発汗によって、一時的に体がナトリウム不足に陥ることがあります。汗をよくかく時は、ナトリウムが含まれたスポーツドリンクなどをこまめに飲んだり、ナトリウムを含むサプリメントを摂取したりするのが良いでしょう。

ナトリウムが多く含まれる食品

すでに説明した通り「ナトリウム=食塩」ではありません。ただし、食塩の主要成分がナトリウムであることは確かなので、必然的に、塩を多く含む食品にはナトリウムが多く含まれる、ということになります。

各種の調味料
味噌、醤油などの調味料には、多くのナトリウムが含まれています。いずれも「しょっぱいもの」なので、直感的には塩が多い食品としてイメージできるでしょう。昨今では、健康への配慮を目的とした塩分控えめの調味料を多く見かけるようになりました。
塩辛
調味料以外の食品においては、塩辛のナトリウム含有量が目立って多め。ただし、普通は一度に多く食べる食品ではないので、ナトリウムの過剰摂取に関してはそれほど心配しなくても良いでしょう。
カレールウ
市販のカレールウには、非常に多くのナトリウムが含まれています。ルウのかけすぎに注意してください。
ハム
ハムは、製造の過程で多くのナトリウムを必要とします。それほど大量に摂取するような食材ではないと思いますが、念のため覚えておきましょう。
インスタントラーメン
インスタントラーメンに多量の食塩が使用されていることは、なんとなくイメージでわかりますよね。食べる際には、なるべく汁を飲まないようにしてください。
梅干し
多くの塩で漬け込んだのちに、日干しして作るのが梅干し。ナトリウムは非常に多く含まれますが、たくさん食べるものではないので、さほど心配する必要はありません。その他のメリットも多いので、健康のために1日1粒程度は食べたほうが良いという専門家もいます。
パン
パンよりも多くのナトリウムを含む食品はたくさんありますが、食べ過ぎてしまう恐れがあるという意味で、注意が必要です。一般的なパンは、製造の工程で比較的多くの食塩を使用します。総菜パンなどは、さらに多くの食塩を含むことになるため、くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。

厚生労働省資料「1-7 ミネラル」

当サイトのご利用にあたって

当サイト(保存版!ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト)は、私たち「ユーグレナまとめ委員会」が運営する、ユーグレナに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載するように心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

ユーグレナまとめ委員会について