ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト » ユーグレナに含まれる成分 » ユーグレナに含まれるゼアキサンチンとは?

 

カロテノイドのひとつ、ゼアキサンチン

ゼアキサンチンは天然色素であるカロテノイドの一種で、ユーグレナにも含まれている栄養成分です。抗酸化作用があり、目の健康にも役立つと言われているゼアキサンチンですが、どのような食べ物に含まれ、どのような働きをするのでしょうか。カロテノイド全般の役割や、類似の成分であるルテインとの関わりなど、その全容を詳しくみてみましょう。

ゼアキサンチンとカロテノイド

ゼアキサンチンは750種以上あると言われているカロテノイドのうちのひとつです。そもそもカロテノイドとは、黄色やオレンジ色、赤色などを示す天然色素であり、ゼアキサンチンも赤橙色をしています。カロテノイドときいて、カロテン(カロチン)という名前を思い出す方も多いと思いますが、カロテノイドのうち炭素(C)と水素(H)のみで構成されているものをカロテン類、これに加えて酸素(O)を含むものをキサントフィル類と呼び、ゼアキサンチンはこのうちキサントフィル類に分類されます。

ゼアキサンチンと同じ化学式でありながら、二重結合の位置が異なるため異性体として扱われている成分にルテインがあります。ルテインとゼアキサンチンはともに目の網膜を構成しており、網膜の周辺部分にはルテインが、中心部分である黄斑にはゼアキサンチンが多く存在することがわかっています。かつてはゼアキサンチンとルテインを一括りにして研究されていましたが、近年ではそれぞれの効果に着目した研究も進んでおり、ゼアキサンチンはルテインよりも加齢黄斑変性症のリスク低下に大きく関わっていることがわかってきています。

ゼアキサンチンが含まれる食品

ゼアキサンチンは体内で作り出すことができないため、食品から摂取する必要があります。カロテノイド全般が含まれている食品としては緑黄色野菜全般、特に濃緑色の葉物野菜が挙げられますが、ゼアキサンチンに限っては、濃緑色の葉物野菜にはさほど多くは含まれていないことがわかっています。

ゼアキサンチンが含まれる植物性食品

ゼアキサンチンが多く含まれる食品はトウモロコシやパプリカ、パパイヤやマンゴーといった、黄色い野菜や果物です。意外なところでは、東洋で古くから薬用として用いられてきた枸杞(クコ)の実にも豊富に含まれています。

ゼアキサンチンが含まれる動物性食品

動物性食品では、卵黄やレバーに含まれます。ゼアキサンチンは脂溶性の栄養素ですので、脂質と一緒に摂ると効果的に吸収することができます。

黄色い野菜や果物を毎日欠かさず食べるのはなかなか大変です。一方でβカロテンなどのカロテノイドを抗酸化サプリメントとして大量摂取する実験では、がんの予防などの効果はなく、逆に有害となるという報告もあります。過剰摂取とならないよう、普段の食事でバランスよく摂りながら、不足分をユーグレナなどのサプリメントを活用して補うなど、うまく調整していくようにしましょう。また、眼病治療として摂取する場合には、必ず医師の判断を仰ぎましょう。

ゼアキサンチンの効果

ゼアキサンチンは抗酸化物質であり、抗酸化作用があると言われています。抗酸化作用というのは、細胞が傷つくのを予防したり、遅らせたりする効果のことです。カロテノイドは、βカロテンなど体内でビタミンAに変換されるもの(プロビタミンAカロテノイド)と、そうでないものに分けることができますが、ゼアキサンチンはビタミンAに変換されないため、摂取したあとは体内にそのまま蓄積し、抗酸化作用を発揮しているものと考えられます。

ゼアキサンチンが直接、病気の予防や改善に効果があるかどうかは検証が待たれるところではありますが、様々な実験によって以下の効果が期待されています。

加齢性網膜黄斑変性症の改善

加齢によって引き起こされる網膜の黄斑部分の異常で、ものがゆがんで見えるようになったり、視野の中心部が暗くなったりする症状が現れます。この症状に対して抗酸化サプリメントが悪化のリスクを減らすことが研究により明らかになっていますが、さらに黄斑に存在するゼアキサンチンや、網膜に存在するルテインを追加して摂取することで改善が見られたとの報告もあります。

ブルーライトなどの光に対する保護作用

抗酸化作用により、紫外線やブルーライトなどの光刺激から目を守る役割があると考えられています。

ほかにも、皮膚の光刺激からの保護や、網膜の色素維持などにも効果があると考えられており、さらなる研究が進められています。

当サイトのご利用にあたって

当サイト(保存版!ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト)は、私たち「ユーグレナまとめ委員会」が運営する、ユーグレナに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載するように心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

ユーグレナまとめ委員会について