ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト » ユーグレナに含まれる成分 » ユーグレナに含まれている成分「亜鉛」が必要な理由

ユーグレナにも含まれている亜鉛は、多くの酵素を構成する際に欠かせない働きを持っています。体内では筋肉と背中に特に多く含まれており、他にもすい臓や前立腺、皮膚、肝臓などにも含まれているミネラルです。

体内にはたくさんのたんぱく質が存在していますが、アミノ酸からたんぱく質を再合成する際にも亜鉛が必要になりますし、DNAを合成する際にも亜鉛がなくてはなりません。

他にも、骨が成長するにも亜鉛が必要ですし、体内で新しい細胞が作られる際には亜鉛が働いてくれています。ここからもわかる通り、亜鉛が不足すると様々な不調が現れるようになるのです。

参考:健康長寿ネット:亜鉛の働きと1日の摂取量

亜鉛が持つ働きと不足した場合の問題点

味覚障害を防ぐ

亜鉛は味覚とも深く関係しているミネラルと言われています。味を感じる味蕾細胞を作る際にも亜鉛の力が必要になるため、亜鉛が不足すると味覚障害が発生することもあるのです。

味蕾には、味細胞と呼ばれるものがあり、この部分が味物質を伝達することによって味を感じることができます。しかし、亜鉛が不足してしまった場合、細胞のターンオーバーが延長してしまい、機能の低下を引き起こすことがあるため、亜鉛が不足しないように注意しておきましょう。

参考:(PDF)亜鉛栄養治療2巻2号2012:味覚障害と亜鉛[PDF]

免疫力を高める働き

亜鉛は免疫力とも深く関係しているミネラルです。というのも、亜鉛は免疫機能に関係している細胞の働きに影響を与えます。亜鉛が不足してしまった場合、免疫力の低下を招く可能性もあるため、風邪などの病気にかかりやすくなるだけでなく、感染症のリスクも上がってしまうでしょう。

様々な病気は免疫機能を向上させることにより防げるので、体調を崩しやすい方などは亜鉛不足の可能性も疑ってみてはどうでしょうか。

参考:(PDF)母子保健改善のための微量栄養素欠乏に関する援助研究:4.亜鉛[PDF]

褥瘡の早期改善

褥瘡(じょくそう)とは、わかりやすく言うと床ずれのことです。特に寝たきり状態にある高齢者は身体の一部が圧迫され、血流が悪くなるために褥瘡が発生することがあります。見た目にもひどく痛々しいのですが、この褥瘡を早く治すためにも亜鉛が活躍してくれるのです。

褥瘡を治療するために必要な栄養素と言えば、たんぱく質とアミノ酸、ミネラル類です。ミネラルの中で重要なのが亜鉛、鉄、銅、カルシウムなどとなっているため、褥瘡が発生している高齢者は亜鉛に注目してみましょう。

参考:(PDF)一般社団法人北海道薬剤師会:亜鉛不足と褥瘡[PDF]

様々な不調

他にも貧血や食欲不振、皮膚炎に繋がる恐れも。更に、亜鉛の量が不足すると十分な量の精子が作られなくなってしまいます。これにより生殖機能の低下も招くため、男性の方は特に不足しないように心がけなければなりません。

亜鉛の過剰摂取について

まず、摂取推奨量からチェックしてみましょう。

女性

  • 18~69歳…8mg
  • 70歳以上…7mg

男性

  • 18~69歳…10mg
  • 70歳以上…9mg

続いて、過剰摂取が心配される耐容上限量については次の通りです。

女性

  • 18歳以上…35mg

男性

  • 18~19歳・70歳以上…40mg
  • 30~69歳…45mg

推奨量を確認してみるとわかる通り、推奨量の5倍程度摂取した場合には過剰摂取に繋がる恐れがあります。一度だけ大量に取り入れたとしても大きなトラブルに繋がる可能性は少ないのですが、慢性的に過剰摂取の状態になると不調が現れる危険性もあるので十分注意しましょう。

亜鉛には銅の吸収も抑える働きがあるため、過剰摂取が続いた場合には銅の吸収阻害による銅欠乏が発生する恐れがあります。他にも免疫障害や腹痛、下痢、吐き気、HDL(善玉)コレステロールの低下、上腹部痛など様々なトラブルに繋がるリスクが高まるのです。

参考:健康長寿ネット:亜鉛の働きと1日の摂取量

亜鉛を外から取り入れた場合、吸収率は一般的に約30%と言われています。吸収率が軽く60%を超えるような栄養素もありますが、それに比べると吸収率は低いです。

そのため、通常の食品から亜鉛を含むものを取り入れていたとしても過剰摂取に繋がる恐れはほとんどありません。

それどころか、極端なダイエットなどを行っている若い世代では亜鉛不足の傾向が強くなっています。できるだけ食事の中で亜鉛を取り入れられるようにメニューを考えてみてはどうでしょうか。

過剰摂取に関して注意しなければならないのが、サプリメントから取り入れるケースです。

サプリメントを正しく飲んでいれば過剰摂取の心配はありませんが、複数のサプリメントを自己判断で組み合わせたり、ユーグレナのように亜鉛が含まれるものにプラスして更に亜鉛のサプリメントを飲んだりすると過剰摂取になりかねないので、自分がどれくらい亜鉛を摂取しているのかについて確認しておきましょう。

当サイトのご利用にあたって

当サイト(保存版!ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト)は、私たち「ユーグレナまとめ委員会」が運営する、ユーグレナに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載するように心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

ユーグレナまとめ委員会について