ユーグレナの培養について

ユーグレナ実用化の裏側を見てみましょう

今では、サプリや食品などの材料として私たちの身近な存在になってきたユーグレナ。実は、その培養が成功したのは、ごく最近のことだという話はご存知でしょうか? ここでは、長い年月を費やして、ようやくたどりついた最新の培養方法や、培養を成功させるまでの歴史、乗り越えなければならなかった課題などについて解説しています。

ユーグレナ培養の歴史

ユーグレナ培養の歴史(イメージ)

大量培養を成功させるまでの、長きにわたる研究

ミドリムシに豊富な栄養素が含まれており、さまざまな可能性を秘めていることは随分昔から知られていました。当然、そこに注目して研究を行い、大量に培養することで実用化させようという動きもあったのです。

1970年代には宇宙開発を目的としてNASAが大量培養に挑み、さらに1990年代に入ってからも、医療分野などで活用しようと、さまざまな研究機関がミドリムシの培養に取り組んできました。しかし、多くの研究者にとって悲願であった屋外での大量培養が成功したのは、2000年代に入ってからのことです。

まだまだ解明されていない部分も多く残っており、培養を成功させるまでに、長きにわたる時間と研究者たちの努力が費やされてきたミドリムシ。その培養の歴史を紐解いていきましょう。

ユーグレナの培養方法

ユーグレナの培養方法(イメージ)

かつて不可能とまで言われた培養を成功させた方法とは?

ミドリムシの大きさは0.05mm。髪の毛の太さにも満たない、とても小さな生き物です。それをサプリメントなどの製品に加工したり、さまざまな事業で活用したりするためには、大量に培養する必要があります。しかし、実際にミドリムシがどんな方法で培養されているのか、考えたことはあるでしょうか?

今、ミドリムシは石垣島で培養され、さまざまな用途で使われています。ミドリムシの大量培養は、かつて多くの研究者が挑んでは失敗し、一時は不可能とまで考えられていたもの。それを成功に導いた培養方法とは、いったいどんな内容なのか? 詳しくご紹介します。

ユーグレナ培養の課題

ユーグレナ培養の課題(イメージ)

実用化のために乗り越えなければならなかったもの

ミドリムシは田んぼや池などでたくさん増殖しているので、培養と聞いても、あまり難しそうなイメージは湧かないかもしれませんね。もちろん、ただ単純に増やすだけなら簡単です。ただでさえ自然環境の中で勝手に増えている生き物ですから、条件さえ整えてあげれば、私たちの自宅でもたやすく増殖させることができるでしょう。

しかし、ミドリムシをさまざまな製品・技術の材料として活用するためには、ミドリムシ「だけ」を大量に増やす必要があったのです。そのために研究者たちが乗り越えなければならなかった課題とは、一体どんなものだったのでしょうか?

当サイトのご利用にあたって

当サイト(保存版!ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト)は、私たち「ユーグレナまとめ委員会」が運営する、ユーグレナに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載するように心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

ユーグレナまとめ委員会について