美容効果ダイエット・体脂肪減少

女性必見!ユーグレナで根本からダイエット

さまざまな健康効果があるユーグレナですが、じつは美容にも効果があることが報告されています。特にユーグレナは体内に取り込んだ脂肪分を体の外に洗い流す効果があることがわかっています。ユーグレナとダイエットの関係について説明します。

どうしてこの症状が起きるの?

冷えや肥満が代謝を下げ痩せにくい体を作る

外食やコンビニ弁当など、脂っこい料理や塩分の高い料理を好んで食べていると、体内に余分な中性脂肪やコレステロールなどがたまり、肥満はもちろん体内にさまざまな不調をきたします。不規則な生活や睡眠不足、冷え症なども免疫力を低下させ、基礎代謝を下げて脂肪が燃焼しづらい体を作ってしまうことがわかっています。

ドクターのコメント

代謝が低下するとリバウンドを招きます

「努力をしてもなかなかやせない」「ダイエットに何度も挑戦したけど毎回失敗する」という人は多いのではないでしょうか。様々なダイエット法が流行っていますが、ダイエットの基本は、「摂取エネルギー<消費エネルギー」です。ただし、極端な食事制限で必要な栄養素が摂れないと、脂肪だけでなく骨や筋肉まで減ってしまいます。

また、代謝が低下して太りやすい体質になり、リバウンドを招いてしまうことも。必要な栄養素をきちんと摂取しながら適度な運動を行うことで消費エネルギーを増やし、ストレスなく継続できるダイエットで健康的に痩せることが大切です。

成城松村クリニック
松村 圭子 院長

ユーグレナが効果的な理由

リバウンドしにくい体を作る

ダイエットにもいろいろな種類がありますね。「おきかえダイエット」「ファスティングダイエット」「断食ダイエット」など、こうした流行のダイエットに挑戦した人も多いのではないでしょうか?

ダイエットをするときに気を付けたいのは、なんといってもリバウンドです。せっかく痩せたと思ったのに、すぐ元に戻ってしまったり、ダイエット前より体重が増えてしまったりしては、せっかくの苦労が台無しです。

食べずに体重を減らすダイエットは、脂肪が燃焼してやせるわけではありません。食事を制限したことで一時的に体重が減ったとしても、飢餓状態になった体は通常よりも栄養を吸収しやすくなるため、普段通りに食事をとっただけで簡単にリバウンドしてしまうのです。しかも、栄養が不足したことで筋肉の減少や基礎代謝の低下を引き起こし、より痩せにくい体質になってしまいます。

ダイエットを成功させるために重要なのは、リバウンドせず、痩せやすい体質を作ること。ユーグレナは動物性・植物性の栄養素を兼ね備えており、偏りがちな栄養バランスを整えてくれます。その上でデトックスを促して基礎代謝を高めることで、最適なダイエット環境を作り上げてくれるのです。

パラミロンが余分な脂肪を排出してくれる

ユーグレナがダイエットサプリとして注目されている理由の一つが、パラミロンという独自の成分です。パラミロンは穴がたくさんあいたスポンジのような形状で、血液中の脂肪や毒素を吸着する作用があります。しかも食物繊維のように消化されにくい性質を持っており、吸着したものを便として体の外に排出してくれます。血液中の脂肪が減れば、それが余計な皮下脂肪や内臓脂肪になるのを未然に防いでくれるという仕組みです。

ただし、いくら脂肪の吸収を抑える効果があるとはいえ油断は禁物。摂取し過ぎた脂肪はユーグレナも排出しきれないので、体に吸収されてしまいます。

 

基礎代謝を高める

肥満にお悩みの人、ダイエットに失敗しやすい人には、平熱が低めの人が多いようです。体温が低いというのは、基礎代謝が低いことを意味します。基礎代謝とは、普段の生活の中で自然と消費されているカロリーのこと。基礎代謝が低いということは、痩せにくい体質であるということです。

ユーグレナにはアディポネクチンというホルモンを増加させる働きがあるのですが、このホルモンが基礎代謝をアップさせてくれるのです。アディポネクチンは「若返りホルモン」「長寿ホルモン」とも呼ばれる善玉ホルモンであり、基礎代謝アップ以外にも、血液をサラサラにしたり、血管を元気にしたりといった、さまざまな健康効果を発揮。ダイエットだけでなく、健康で若々しい体作りもサポートしてくれます。

ダイエットとユーグレナのエビデンス(臨床試験結果)は?

パラミロンが中性脂肪と悪玉コレステロールを低減

ユーグレナのサプリを2か月連続摂取した実験によると、悪玉コレステロール値が平均で9.25mg低下し、血中総コレステロール値や中性脂肪も低下したという結果が出ました。ラット実験でもパラミロンを摂取したラットは、そうでないラットに比べて60倍ものコレステロール量を排出。

またコレステロール値の高い2万人を対象に、コレステロール低下薬とEPAを摂取するグループと、コレステロール低下薬のみのグループに分けたところ、EPAを併用したグループは5年後に約19%も心疾患発生率が低くなったという結果が出ています。

ユーグレナは「痩せ薬」ではない

食生活、生活習慣の見直しも重要

ユーグレナは、あくまでも痩せるための体作りをサポートしてくれるサプリメント。痩せるための成分は入っていますが、「飲んだだけですぐに痩せます!」と宣伝しているような怪しいものではありません。そして、そんなサプリは存在しないはずです。

いくらユーグレナを飲んでいても、油の多い食事をとりすぎていたり、運動不足だったりすれば、ユーグレナの効果も期待できないでしょう。そのため、効果的なダイエットを行うためには、食生活や生活習慣も見直す必要があります。これはダイエット方法の基本ともいえますが、ユーグレナを飲みながら取り組めば、きっとそれまで以上の成果が期待できるはず。これまでどんなダイエットを試しても効果が得られなかった人には、ぜひ試してほしいサプリです。

 

ユーグレナサプリの徹底比較を見る

症状は改善された?
ユーグレナを摂取した人たちの口コミをチェック

  • 口コミ(イメージ)

    太ももの頑固なセルライトが消えた!

    太ももにセルライトがたまって表面がボコボコとしていることをずっと気にしていたんですが、ユーグレナをダイエット目的で飲み始めたら体重だけでなくセルライトまで目立たなくなった!これにはびっくりしました。

  • 口コミ(イメージ)

    ベルトの穴が3つしまりました

    ミドリムシのお世話になって1年が経過しましたが、以前よりベルトの穴が3つも縮まりました。体脂肪率はあまり変わらないので、もしかして便秘が解消されたせいでしょうか? 明らかに体調がいいので、これからも続けてみます!

  • 口コミ(イメージ)

    ユーグレナを飲むと、食べ過ぎても太らない!

    ユーグレナを飲み始めて半年。体重は減りもせず、かといって増えもせずですが、少なくとも食べ過ぎても太ることはありませんでした。それから朝、スッと楽に起きられるようになりました。お通じも毎日。ダイエットというか、太りづらい体にするサプリですね。

  • 口コミ(イメージ)

    おきかえダイエットとして愛用しています

    30すぎから体重が増えやすくなったので、1食おきかえダイエットにできないかなとユーグレナを飲み始めました。腹持ちがいいので、朝食の置き換えダイエットとして愛用しています。お腹の調子もよくなり、いいことづくしです♪

  • 口コミ(イメージ)

    長く飲めばしっかり
    痩せられそう♪

    ユーグレナはダイエット効果が高い成分だと聞いて、さっそくお試し。ダイエット効果はまだ出ていませんが、食べ過ぎても体重が戻りやすくなった気がするので、長く続ければしっかり痩せられそうです。このまま続けます!

  • 口コミ(イメージ)

    新陳代謝が良くなり、体脂肪率がダウン!

    ダイエット目的で飲み始めました。目安量通り飲むとお腹を壊してしまうので、半分くらいの量を飲むようにしています。飲み始めてから、軽く運動するだけでもかなり体温が上がります。何もしなくても暑いくらいなので、新陳代謝が良くなっているのかもしれません。体脂肪率も減っているので、わりと効果があると思います。

  • 口コミ(イメージ)

    周りから「痩せた?」と言われるように

    健診から体重は測っていないので変化はわかりませんが、ミドリムシのサプリを飲み始めてからズボンのベルトがゆるくなったような気がします。周りからも「痩せた?」と言われるようになり、期待以上のダイエット効果にビックリしました。

  • 口コミ(イメージ)

    短期間ですぐに体重が減りました

    ユーグレナを飲むようになってから5日間で1キロ体重が減りました!まさか短期間でこんなに減るなんて…と嬉しい悲鳴を上げています。1ヵ月分の商品を購入したので、今後飲み続けてどう変化するのか楽しみです。

  • 口コミ(イメージ)

    体重だけでなくお通じや肌荒れにも効果が!

    ユーグレナに興味を持ち、注文してみました。飲み続けていて「痩せたかも?」と感じるようになり、体重計に乗ってみたら1キロ減っていました。お通じが良くなり肌の調子も改善されてきているので、身体の中からいらないものを出しているのかも。

  • 口コミ(イメージ)

    運動や食事制限と組み合わせるといいかも

    他のサプリではなかなか効果が出なかったところ、知人に紹介されて買いました。1日3回食後に飲んでいます。食事制限や運動はもともとやっていたのですが、ミドリムシを摂るようになってから2ヵ月で8キロ減り、驚きました。

どうしても自力で痩せられない場合

「肥満外来」や「ダイエット外来」に相談

サプリメント摂取や生活習慣改善に取り組んでみたが、どうしても痩せられない……そんな場合には、専門医の指導・治療によるダイエットに挑戦してみるのも一つの手段。

近年では「肥満外来」や「ダイエット外来」のある病院も増えてきています。これは肥満の解消を目的とした特殊外来で、医師の診断のもと、食事療法や運動療法、時には抗肥満薬の処方によって肥満を治療していきます。

なお、抗肥満薬を使ったダイエットについては下記の説明をご覧ください。

抗肥満薬を用いたダイエット法

抗肥満薬を用いたダイエット法とは、抗肥満薬を服用することで次の様な効果を得る方法です。

  • ・食欲を抑制してダイエットを成功に導く
  • ・少ない食事量で満腹感が得られ過食を防ぐ
  • ・ストレスでの過食を防止する
  • ・食べ物への執着を少なくする

抗肥満薬を用いたダイエット法はつぎのような方に効果的です。

  • ・ダイエットをしたいが食欲を抑えられない方
  • ・うっかりドカ食いしてしまう方
  • ・食べ物のことが頭から離れない方
  • ・昼食から夕食まで、空腹が我慢できずに間食をしてしまう方
  • ・夕食後に夜食が必要な方
  • ・こってり脂っこい物が好きな方
  • ・焼肉、中華、フレンチ、イタリアンなどの外食が多い方
  • ・接待が多くて食事制限が難しい方
  • ・肥満が原因の高血圧、糖尿病、脂質異常症がある方、高度肥満症の方
  • ・早く体重を落としたい方
  • ・生理前に食欲が増す方

引用元:麻布医院「ダイエット外来」

抗肥満薬とは?

抗肥満薬とは、肥満を抑制したり防止したりする薬剤です。医療用抗肥満としては、サノレックス、ゼニカルなどが開発されていますが、このうち、サノレックスは厚生労働省で認可された抗肥満薬として日本国内で使用されています。

一方、ゼニカルはFDA(米国食品医薬品局)に認可された処方箋薬で、欧米で医師により処方され、減量や減量後の体重維持など肥満の治療に使用されています。

慢性的な運動不足、仕事など精神的なストレスによる過食、外食やインスタントフードの摂りすぎなど肥満の原因は様々です。抗肥満薬は服用により食欲を抑えたり(サノレックス)、脂肪の吸収を抑えたり(ゼニカル)する事で、肥満の改善やダイエット後のリバウンドを予防します。その結果、肥満が原因で発症する高脂血症や高血圧や糖尿病などの生活習慣病を改善し、発症を予防します。

引用元:麻布医院「抗肥満薬とは」

以上のとおり、自力でのダイエットに失敗してしまった方、何度ダイエットしてもリバウンドしてしまう方にとって、まさに最後の手段ともいうべき解決方法ですね。費用や時間などについても検討する必要はありますが、真剣にダイエットを成功させたいなら、こういった選択肢も覚えておいて損はないはずです。

ダイエット外来で注目のクリニック

麻布医院

麻布医院 https://www.azabu-iin.com/
  1. 診療科目:内科・肝臓内科・消化器科・アレルギー科・皮膚科
  2. 院長:高橋 弘
  3. 住所:東京都港区麻布十番1-11-1 エスティメゾン麻布十番 3階
  4. TEL:03-5545-8177(ダイエット外来)
  5. 診療時間:
    月曜~金曜 10:00-13:00、15:00-19:00
    土曜 13:00-18:00
  6. 休診日:日曜、祝日

院長は数々のメディアで紹介された名医

麻布医院は内科・肝臓内科・消化器科・アレルギー科・皮膚科を持つクリニックで、ダイエット外来のほか、禁煙外来、AGA外来(男性型脱毛症外来)、ED外来(男性機能障害外来)といった特殊外来を開設しています。

これまでにも、雑誌や新聞、ラジオなど様々なメディアの健康特集で取り上げられており、その先進的な治療技術・ノウハウが話題となっています。

院長である高橋 弘医師はハーバード大学医学部内科准教授を務めた経験を持ち、著書・雑誌掲載も多数。数多くの患者の悩みを解決してきた、名医と呼ぶにふさわしい人物と言えそうです。

麻布医院が開発した「帳消しダイエット」とは?

当院で開発した「帳消しダイエット」とは次の様な内容です 。

  • 帳消し術1 ハーバード大学式野菜スープ(ファイトケミカルスープ)で野菜を摂る。
  • 帳消し術2 GI値(グリセミックインデックス値)の低い食事で太りにくい体にする。
  • 帳消し術3 食べる順番(ベジファースト)で油や糖質を帳消しにする。
  • 帳消し術4 燃焼系のファイトケミカルとビタミン食材でエネルギーを燃やす。
  • 帳消し術5 低カロリーで良質なタンパク質で元気な体にする。
  • 帳消し術6 チューイングトレーニングで少量の食事で満足感を得る。
  • 帳消し術7 外食時と飲酒時の帳消しメソッド。

まず、「ハーバード大学式野菜スープ」と呼ばれるファイトケミカルスープによるダイエット法を指導します。厚生労働省は生活習慣病による脳梗塞や心筋梗塞、がんなどの予防には1日350〜400gの野菜の摂取が必要であるとしていることから、1日400gの野菜を摂取するように指導しています。ニンジン、玉ネギ、キャベツ、カボチャをそれぞれ100gで作るファイトケミカルスープは1日400gの野菜が摂取でき、一日に必要な量のビタミンA、C、E(ビタミンACE)、1日の必要な食物繊維とカリウムの半分が摂取出来ます。400gの野菜で作ったファイトケミカルスープのカロリーは190 Kcalで、おにぎり一個にも至りません。

次に、血糖値の上昇しやすい食材と肥満の関係を理解して頂き、食品のGI値(グリセミックインデックス値)について詳しい説明を行い、GI値の低い食事で太りにくい体をつくっていきます。

また、食べる順番で油や糖質を帳消しにする、やせる食事の仕方を指導します。野菜を最初に食べるベジファーストの重要性と実際の食べ方を説明します。食べる順番でGI値を下げる食べ方や肉の油が吸収されない食べ方の指導も行います。やせるために必要な1日の総カロリーについての計算もしますが、カロリー計算やカロリー制限よりもGI値を下げる食べ方と食事のバランスでダイエットを成功に導きます。

ファイトケミカルには活性酸素を無毒化する抗酸化作用があり、アンチエイジング効果や美容効果が期待できます。また、老廃物や有害物質を解毒するデトックス作用、免疫力を強くする作用、アレルギーを抑える作用、発がんを抑制する作用、血液をサラサラにする作用、動脈硬化を防ぐ作用、そして、優れたダイエット効果があります。燃焼系のファイトケミカルとビタミン食材について指導し、エネルギーを燃やす体にします 。

体の維持にはたんぱく質は重要な栄養素です。低カロリーで良質なタンパク質をどのように摂取するかを説明し、元気な体作りを目指します。

チューイングトレーニングでは、よく噛むことの重要性について説明します。よく噛むことでダイエット効果が増します。よく噛むと食事時間が長くなるので血糖値の上昇が穏やかになります。よく噛むことにより食べものが胃の中で胃液を吸収しやすくなり、膨張するために満腹感も得やすくなります。

外食時の注意点(食べる順番、焼き肉の食べ方、牛丼の食べ方、揚げ物の食べ方、トンカツの食べ方、ラーメンの食べ方、その他)や飲酒の注意点(飲み方、アルコールの種類)についても指導をしていきます。

引用元:麻布医院「ダイエット外来」

ダイエット外来の費用について

麻布医院の場合、ダイエット外来は初診時にかかる相談料が10,800円で、再診時は無料。血液検査などは健康保険の適用範囲で行ってもらえます。

抗肥満薬に関しては、薬の種類によって健康保険が適用されるものと適用されないものがあり、BMIの数値や肥満度によっても条件が異なるそうです。たとえば、サノレックスという薬はBMIが35以上、もしくは肥満度が+70%以上で、食事療法や運動療法では効果が不十分な場合は健康保険が適用されるとのこと。

なお、ダイエット外来受診希望の場合は予約が必要なので、興味のある方は、一度電話で問い合わせるようにしてください。

当サイトのご利用にあたって

当サイト(保存版!ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト)は、私たち「ユーグレナまとめ委員会」が運営する、ユーグレナに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載するように心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

ユーグレナまとめ委員会について