ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト » こんなにある!ユーグレナのマルチな効果 » 乾燥肌のカサつきやかゆみをユーグレナで軽減

健康効果乾燥肌

ユーグレナが保湿力を高めて乾燥肌を軽減

多くの栄養素を含むユーグレナには、乾燥肌を和らげる成分や保湿効果に優れた成分を生成する力が備わっています。保湿ケアを目的に、ユーグレナから抽出したエキスを配合した化粧水も。ここでは、ユーグレナをサプリメントで摂取した時の効果を中心に、体の内側から乾燥肌に働きかけるメカニズムについて解説します。

どうして乾燥肌になるの?

バリア機能が低下すると肌の水分が逃げてしまう

水分をキープするために、私たちの肌には角質というバリア機能があります。角質は表皮の外側にあるラップ程度の薄い膜で、正常に働いている場合であれば、水分の蒸発を防いで外からの刺激から守ってくれる騎士のような存在。アミノ酸をはじめとする天然保湿因子やセラミドなどの脂肪酸でから成る角質は、それぞれの成分が不足するとバリア機能が低下。水分を保持できなくなります。そのため、肌に必要な水分や皮脂が減少して潤いが不足した状態・乾燥肌(ドライスキン)を引き起こすのです。

バリア機能が正常に働かなくなるのは、ターンオーバーが乱れて保湿成分や細胞間脂質の生成や水分保持ができなくなるため。ストレスや加齢など乱れる理由はさまざまですが、ビタミンB群や亜鉛などの栄養素の減少も原因のひとつにあげられます。 年齢を重ねると共に皮脂分泌量が減少して水分やセラミド、天然保湿因子が減少。結果としてバリア機能も弱くなってしまいます。 その他にも、紫外線や冷房による肌ダメージ、間違ったスキンケア方法が乾燥肌の状態を引き起こすきっかけに。バリア機能が正常に働かせて肌の水分をキープすることが、乾燥肌の改善に必要不可欠です。

ユーグレナが効果的な理由

59種もの栄養素の中には乾燥肌に効果のある成分も!

ユーグレナが持つ59種もの豊富な栄養素の中には、乾燥肌に効果的な成分も多く含まれています。代表的なものでは、アミノ酸やビタミン、亜鉛です。どれも肌や髪の毛の健康を維持するのに欠かせない成分で、不足すると乾燥肌を引き起こす原因になります。とくにユーグレナは、ビタミンの含有量が多い食品。体の内側から乾燥肌を改善するのに効果的な栄養素を、ユーグレナから効率的に摂取できます。

保湿力に優れたユーグレナの独自成分「パラミロン」

ユーグレナだけに含まれる「パラミロン」が、ヒアルロン酸と同程度の保湿力を持つ新しい成分として注目を集めています。高分子保湿剤にはベタつきが気になる種類も多いなか、パラミロンはさっぱりとした肌馴染みのよい感触。化粧水にも多く使われています。

乾燥肌とユーグレナのエビデンス(臨床試験結果)は?

ヒアルロン酸の生成を促すアディネポクチンを増やす

ユーグレナには、ヒアルロン酸の合成を促進する成分「アディネポクチン」を増やす働きがあります。アディポネクチンとは、体内に存在する善玉ホルモン。傷ついた血管の修復や血糖値のコントロールなど健康をサポートしてくれる成分で、「若返りホルモン」とも呼ばれています。

カネボウ化粧品・基盤技術研究所は、2008年にアディネポクチンとヒアルロン酸の関係性について発表。アディネポクチンが皮膚にどのような働きをするのかを、皮膚の表皮細胞や真皮繊維芽細胞と皮膚に大量に存在するヒアルロン酸で調べた結果、「真皮繊維芽細胞のヒアルロン酸合成を促進している」ということがわかりました。

アディポネクチンはユーグレナに含まれる成分ではありませんが、とあるクリニックが行った研究ではユーグレナのサプリを1ヵ月飲み続けた結果アディポネクチンが増加したとの結果も。ユーグレナが持つパラミロンにも高い保湿力がありますが、似たような働きをする成分を体内で作ることにも長けているようです。

乾燥肌の種類により原因も違う

皮膚疾患の場合は皮膚科に相談を

肌の水分保持機能は、セラミドやヒアルロン酸などの細胞間脂質とアミノ酸をはじめとする天然保湿因子が担います。エアコンやストレス、食生活など、細胞間脂質や天然保湿因子を減少させる原因に溢れている現代社会。肌が乾燥しがちな秋冬だけでなく、1年を通して乾燥肌に悩む人が多いようです。

一般的な乾燥肌以外にも、水分量だけが少ない脂性乾燥肌(オイリードライ肌)やかゆみを伴う皮脂欠乏症、アトピー性皮膚炎による乾燥肌もあります。皮膚疾患が原因で肌が乾燥している場合は、セルフケアでは悪化する可能性も。気になるようなら、皮膚科へ相談しましょう。

乾燥肌を防ぐ成分が入っている

亜鉛やビタミンが豊富

59種もの栄養素を持つユーグレナには、乾燥肌の改善効果があるとされているビタミンや亜鉛などが含まれています。

ビタミンB群やC・D、葉酸など、多くのビタミンを摂取できるユーグレナ。中でも乾燥肌への効果が期待できるビタミンB2は100gに対して約6gも含まれています。1日に必要な量は1g程度なので、ユーグレナだけで必要なビタミンB2を補うことが可能です。脂質の代謝をサポートするビタミンB2が不足すると、肌トラブルの原因に。他にも健康を維持するのに欠かせない様々なビタミンを効率的に摂取できます。

ユーグレナには不足しがちな栄養素の代表である亜鉛も含まれており、100gに75mgも存在。1日に必要な量は10g前後なので、ユーグレナだけで十分な量の亜鉛が摂取できます。亜鉛には新しい細胞を作り出す働きがあるため、肌や髪の毛の健康維持をサポート。不足すると乾燥肌を引き起こす原因にもなるので、積極的に摂取しておきたい成分です。

アミノ酸が肌の保湿や細胞の生まれ変わりをサポート

理想的なアミノ酸スコア

ユーグレナは、アミノ酸の含有比率がわかる「アミノ酸スコア」が理想的な形をしています。アミノ酸スコアとは、食材に含まれる各アミノ酸を基準値と比較してパーセンテージで表し、最も少ない数字をスコアとしてとったものです。1つでも含有量の少ないアミノ酸があるとスコアの点数は低下。100に近ければ近いほどたんぱく質のバランスが整った食材といえます。ユーグレナのスコアは「83」という理想的な数字。アミノ酸をバランス良く摂取できる食品であることがわかります。

乾燥肌に効果を発揮する3種類のアミノ酸、セリンやアスパラギン、プロリンを同時に摂取できるユーグレナ。セリンは角質に存在し、天然保湿成分の40%を占める非必須アミノ酸です。皮膚の水分保持や肌が生まれ変わるのを促進する働きを持っています。アスパラギンにも水分保持や角質の新陳代謝を促進する近い働きがあり、プロリンはコラーゲンを作ることで保湿機能を手助け。ユーグレナひとつから、乾燥肌の改善効果を期待できる多くのアミノ酸を摂取できます。

ユーグレナサプリの徹底比較を見る

症状は改善された?
ユーグレナを摂取した人たちの口コミをチェック

  • 口コミ(イメージ)

    飲んでいる間、乾燥肌やにきび知らずの肌に

    職場の人に勧められてユーグレナのサプリを飲んでみると、乾燥肌や肌荒れ、にきびが改善しました。一時期サプリを飲むのをサボっていたらにきびが復活したので、ユーグレナを飲む生活をリスタート。スキンケアを見直しながら飲んでいると、乾燥肌への高い効果を実感できました。

  • 口コミ(イメージ)

    乾燥シーズンでも化粧ノリ良好!

    肌がひどく乾燥する季節に飲んでみると、毎年悩まされていた肌の乾燥が軽減。カサつくせいで化粧ノリも悪かったのが、ユーグレナ効果かファンデーションが綺麗に塗れるようになりました。憂鬱な季節を乗り切れそうです!

  • 口コミ(イメージ)

    たった5日で肌がしっとりしました

    ユーグレナを飲み始めて5日ほどですが、最も高い効果を感じているのは顔や手の甲の保湿力。だんだんしっとりしてきました。便秘やダイエットなど他にも体への良い影響がありそうなので、これからも飲み続けます。

  • 口コミ(イメージ)

    ローションだけで保湿ケアが完了するように

    ダイエットや便秘改善など、女性のカラダの悩みを解決してくれるユーグレナ。美肌効果も高く、乾燥肌の私はローションを塗っただけでバッチリ保湿できるようになりました。もう乳液やクリームが必要ありません。

  • 口コミ(イメージ)

    父のかゆみを軽減してくれました

    私の父は乾燥肌です。かゆみの症状でずっと悩んでいたので、ミドリムシが配合されたサプリをプレゼントしました。父曰く、3日でかゆみが軽くなったとのこと。毎日快便だとも言っていたので、私も同じサプリを飲んでみようかな?と思っています。

  • 口コミ(イメージ)

    ユーグレナサプリを飲んで美肌を作っています

    寝ている間に美肌を作るために、毎晩寝る前にユーグレナの入ったサプリを飲んでいます。肌がしっとりするようになり、飲み始めてからは乾燥しなくなりました!カプセルだと手軽に摂れるし、ユーグレナ以外の成分も配合されているから助かります。

当サイトのご利用にあたって

当サイト(保存版!ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト)は、私たち「ユーグレナまとめ委員会」が運営する、ユーグレナに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載するように心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

ユーグレナまとめ委員会について