健康効果肝臓の保護

健康のカギを握る肝臓にユーグレナがどう働く?

肝臓は食べ物を分解してエネルギーに変え、有害物質を無害化して追い出すなど、「体内の化学工場」とも呼ばれるほど重要な臓器。負担をかけると重大な健康被害をもたらす肝臓に、ユーグレナはどんな効果を発揮するのでしょうか?

ここで紹介している効果・効能は、ユーグレナや、そこに含まれる成分に関するものであり、ユーグレナ含有製品の効果・効能を解説するものではありません。

肝機能が低下するとどうなるの?

肝臓のダメージは全身をむしばむほど深刻

肝臓は「体内の化学工場」とも呼ばれる、多くの機能をかねそなえた重要な臓器です。その働きは、さまざまな栄養素の代謝や貯蔵、アルコールをはじめとする有害物質の分解や排せつ、さらにコレステロールなどを消化・分解する胆汁の分泌など、どれも体を維持するために欠かせないものばかり。

ところが、肥満や疲労、アルコールの飲みすぎなどで肝臓を酷使したり、肝臓が働くために必要な栄養素が不足してしまったりすると、肝機能の低下を引き起こしてしまいます。肝機能の低下は全身のさまざまな不調を招き、脂肪肝や肝炎など、深刻な病気に発展するおそれがあります。

ドクターのコメント

 肝臓は「解毒」「代謝」「胆汁の生成」など、実に500以上もの仕事を抱える優秀な臓器です。肝臓は「沈黙の臓器」ともいわれ、自覚症状が出たときには肝臓がかなり弱っていることも少なくありません。肝臓の機能を正常に保って健康を維持するためには、過度な飲酒は控える、糖質や脂質、塩分を過剰摂取しないように注意して栄養バランスの良い食生活を心がける、適度な運動をすることなどが日常生活を送るうえで大切です。

成城松村クリニック
松村 圭子 院長

パラミロンの摂取が肝臓へのダメージを減少

肝臓への損傷を示す数値が低下

ユーグレナに含まれる「パラミロン」を摂取することで、肝臓へのダメージが減少したことを示唆する研究結果が発表されました。実験の内容は、肝障害を発症した実験用ラットにパラミロン粉末を食べさせるというもの。その結果、摂取したパラミロンが多ければ多いほど、肝臓の損傷の指標となる血中AST・血中ALTの濃度が低下したそうです。

参考:ユーグレナ_ヘルスケアラボ「パラミロンの摂取により肝臓へのダメージの減少を示唆する研究結果が確認されました(ラットによる試験)」

非アルコール性脂肪性肝炎による肝臓の繊維化を抑制

肝臓への損傷を示す数値が低下

株式会社ユーグレナの研究により、ユーグレナに含まれるパラミロンを継続摂取することで、アルコール性脂肪性肝炎の抑制を示唆する実験結果が発表されました。実験では、非アルコール性脂肪性肝炎を発症した実験用マウスにユーグレナ粉末やパラロミロン粉末を与え、肝臓の繊維化に対する影響を測定。ユーグレナ、もしくはパラミロンを食べたマウスは、通常のエサを与えていたマウスよりも肝臓の繊維化が抑えられていたそうです。

参考:株式会社ユーグレナ「細藻類ユーグレナの継続摂取により非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)による肝臓の線維化の抑制を示唆する研究結果を確認しました」

ユーグレナサプリの徹底比較を見る

当サイトのご利用にあたって

当サイト(保存版!ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト)は、私たち「ユーグレナまとめ委員会」が運営する、ユーグレナに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載するように心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

ユーグレナまとめ委員会について