健康効果妊娠中の栄養補給

栄養の宝庫ユーグレナは妊婦さんにおすすめの食品

妊娠中の女性はつわりなどで食生活が乱れやすく、栄養不足に陥りやすいのが悩み。赤ちゃんのためにもしっかり栄養を補給する必要があります。ユーグレナが妊娠中の栄養補給に効果的な理由を調べていきましょう。

栄養が不足するとどうなるの?

妊娠中の栄養補給が赤ちゃんの成長を左右する

妊娠中の女性の栄養状態は、お腹の中にいる赤ちゃんの成長に直結する重要な課題です。特に叫ばれているのが葉酸不足で、赤ちゃんの脳や神経細胞を形作る葉酸を妊娠初期から授乳期までしっかり摂ることが必須だといわれ、サプリなどで積極的な摂取が推奨されています。

また鉄分は胎児に優先して送られるため、鉄分不足は貧血や体調不良を引き起こします。妊娠中はつわりなどで食事を満足に摂れないケースも多いので、いかに効率良く栄養補給できるかが鍵となります。

ドクターのコメント

 妊娠中の食事は、妊婦の健康だけでなく、胎児の発育にも大きな影響を与えます。妊娠初期に必要とされ、不足すると胎児の「神経管閉鎖障害」という先天異常をもたらすリスクが高くなる葉酸や、赤血球を作るのに必要な鉄分、骨を作るための材料となるカルシウムをはじめとして、様々な栄養素が通常よりも多く必要とされます。日々の食事で必要な栄養素をバランスよく摂取することが大切ですが、つわりなどで食事から十分な栄養素が摂れないないことも。そんなときは、不足しがちな栄養素をサプリメントで補うのも良いでしょう。

成城松村クリニック
松村 圭子 院長

ユーグレナが効果的な理由

妊娠中は赤ちゃんの脳や神経系の成長に必須とされ、妊婦の貧血予防にもなるといわれる葉酸や、細胞を作る必須アミノ酸が不可欠といわれています。ユーグレナには葉酸をはじめ、赤ちゃんの成長を支える栄養素が豊富に含まれており、体内への吸収率は93.1%と高いため、効率良く栄養を補給することができます。

またDHAEPAといった不飽和脂肪酸、貧血予防になる鉄分、赤ちゃんに栄養を取られて不足しがちなビタミンC、赤ちゃんの骨を作るカルシウムなどもしっかり含まれています。

ユーグレナは消化吸収に優れている

妊娠中はお腹の中の胎児のために、普段よりも栄養の摂取に気をつける必要があります。その点でユーグレナは59種類もの栄養が入っています。妊娠中の方に最適な飲み物でしょう。しかも消化に優れています。これはユーグレナが植物と動物の両方の特徴を持ち合わせているためです。普通の植物は細胞の周りを細胞壁が囲んでいて、植物の体は守られています。動物は植物とは違い、動きやすいように細胞壁はありません。わたしたちの身体は細胞壁の成分であるセルロースを消化できません。ですから生野菜よりも加熱した野菜の方が消化吸収しやすいと言われているのです。しかしユーグレナはミドリムシです。植物でありながら動物のように動くため細胞壁がありません。そのため消化吸収に優れているのです。(平成24年度政府開発援助海外経済協力事業委託費による案件化調査「ユーグレナを用いた母子保健事業案件化調査」)妊娠中は酷いつわりによって食欲が低下し栄養摂取が難しくなることを考えるとこの点は非常に優れた点です。

妊娠中に必要な葉酸がたっぷり摂取できる

厚生労働省によると妊娠中には葉酸が日に400μg必要だとされています。(厚生労働省「妊婦・授乳婦」)葉酸は胎児の先天異常を防ぐために必要とされています。具体的には二分脊椎症という神経管が閉鎖する障害の可能性が高まるのです。二分脊椎症になると、無脳症や歩行障害を持って生まれたり、死産したりするリスクが高まるのです。しかし葉酸を日に400μg全て食物から摂取するというのは難しいです。例えば、葉酸の多い食物としては枝豆があげられます。枝豆は100gで260μg入っています。ほうれん草も葉酸を多く含む食物です。ほうれん草は100gで210μg入っています。しかし定番のおひたしにすると、葉酸の量が100gで110μgまで下がってしまうのです。葉酸は弱点として加熱に弱いのです。ユーグレナで葉酸を補うことが賢い選択といえます。

妊婦さんに必要な栄養がぎっしりと入っている

妊娠中に必要な栄養は葉酸だけではありません。つわりを軽減させるのに鉄分やカルシウムは非常に大切です。鉄分やカルシウムを摂取すると、貧血を予防し、イライラを軽減できるのです。このことは実験でも証明されています。(園田真人(門司保健所)、野口球子(九州女子大学)による実験「妊婦の貧血に関する栄養学的研究」)妊娠中は大量の血を作ります。それは出産時の出血に備えるためです。この時血漿と比較して赤血球が作られる量が不足しがちになるのです。そのため血液が薄い状態になります。特に妊娠の後期になると、胎児も大きくなり、より多くの血液が必要になるため貧血が起きやすいのです。妊娠中の貧血には気をつけなければなりません。妊娠初期であれば、胎児への影響は大きいですし、妊娠後期でも低体重で胎児が生まれてくる可能性が高まります。妊婦さん自体も貧血でふらつき転んでしまうことも考えられますし、赤ちゃんが生まれた後に母乳の出が悪くなる要因でもあります。ユーグレナは鉄分とカルシウムもしっかりと摂取できるので貧血を防ぎ、つわりを軽減してくれる優れた食物です。

妊娠中とユーグレナのエビデンス(臨床試験結果)は?

ユーグレナだけでも生きられるほど豊富な栄養素

日本食品分析センターの計測によると、ユーグレナには必須アミノ酸、葉酸をはじめ59種類の栄養素が含まれていることがわかっています。しかもユーグレナには植物にある堅い細胞壁(セルロース)がないため、一般的な植物に含まれる栄養素は40%ほどしか体内に吸収されないといわれていますが、細胞壁がないユーグレナは93.1%と高い吸収率を示すことがわかりました。

ユーグレナサプリの徹底比較を見る

症状は改善された?
ユーグレナを摂取した人たちの口コミをチェック

  • 口コミ(イメージ)

    妊婦に必要な栄養が摂れる!

    妊娠してから食べ物の好みが変わったり、つわりがひどかったりして食事に苦労しています。ユーグレナは妊娠中でも安心して飲めるし、妊婦に必要な栄養素をとれると知って飲み始めました。するとお通じがスムーズになり、体の疲れが和らいできた気がします。

  • 口コミ(イメージ)

    体調管理が難しい妊娠中こそ必要なサプリ

    妊娠中はサプリを使ってでも栄養補給するようにと、病院でもらった手引きに書いてありました。妊婦は便秘になりやすいし、何かと体調管理が難しいです。私はユーグレナで妊娠中の栄養補給を摂るようにしました。安心して飲めるのがいいですね。

  • 口コミ(イメージ)

    妊娠初期に役立つ栄養たっぷりユーグレナ

    妊娠初期には葉酸が必要だという話は有名ですが、母子手帳が発行される頃には妊娠初期は終わっているので、妊娠がわかったらすぐに栄養バランスのいい食事をとらないと!と先輩ママさんに言われてユーグレナを飲むようになりました。59種類の栄養があるってすごい!

  • 口コミ(イメージ)

    「妊婦が飲んでも大丈夫?」と思ったけれど…

    初めて聞いたときは「ミドリムシ?妊娠中にそれって飲んでいいものなの?」と心配になりましたが、虫ではなくて藻類だと聞き、しかも栄養がたくさん入っていて妊娠中の栄養補給にいいと効きユーグレナサプリを飲み始めました。出産後の今も飲んでいます!

  • 口コミ(イメージ)

    妊婦に欠かせない葉酸の働きをパワーアップしてくれる

    ユーグレナが健康にいい、という話は聞いたことがありましたが、妊婦さんに必要な栄養素が全部入っていると聞いて、がぜん興味を持ちました。葉酸はサプリで摂るのが当たり前ですが、ユーグレナは葉酸の働きを高めてくれる成分も入っているとか。一石二鳥ですね!

当サイトのご利用にあたって

当サイト(保存版!ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト)は、私たち「ユーグレナまとめ委員会」が運営する、ユーグレナに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載するように心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

ユーグレナまとめ委員会について