ユーグレナを使ったラーメン

今や日本のソウルフードとまで呼ばれ、多くの人々に支持されているラーメン。その製法は日々進化を続けており、素材に関しても次々に新しいものが取り入れられています。そんなラーメン業界では、最近は単においしいだけではなく、健康に良いラーメンを求める声も高まっているとか。

そんなニーズに応えるべく、ついにユーグレナを使ったラーメンが誕生。いったいどんな味なのでしょうか?

ユーグレナ入りのラーメンが食べられるお店

麺屋 六感堂

「麺屋 六感堂」は、自家製麺、無化調にこだわってラーメン作りを続ける、池袋東口のラーメン店。ヘルシーなメニューやカフェを思わせるようなおしゃれな雰囲気で、女性ファンも多いそうです。

そんな六感堂が考案したのが、ユーグレナを練り込んで作られた麺、その名も「グリーン麺」です。大和麺学校を卒業したという店主が、太さや加水率を試行錯誤して作り上げた自慢の一品。気持ちの良い歯ごたえや小麦の風味が味わえます。

住所
東京都豊島区東池袋2-57-2 コスモ東池袋 101
営業時間
11:00~21:00(売切次第終了)
定休日
火曜日
公式HP
http://www.echobreeze.com/rockando-tokyo/
塩グリーンゆずみつば

引用元:麺屋 六感堂公式HP (http://www.echobreeze.com/rockando-tokyo/)

塩グリーンゆずみつば

950円

名前の通り、緑色の麺とゆず・三つ葉のトッピングが特徴のラーメン。化学調味料を使わず、油もほとんど入れずに仕上げられているそうです。濁りのない透き通ったスープはあっさりとした塩味で、ゆずと三つ葉の風味がアクセントになっています。ユーグレナを練り込んだグリーン麺との相性もバッチリ。六感堂で一番人気のメニューだそうです。

 

山手らーめん 安庵

創業以来、麺とスープにこだわり続け、「山手の味」を守りながらも、常に進化してきたという山手らーめん 安庵。東京大学の赤門前に店を構え、東大生や地元の人々に愛されているラーメン店です。

そんな安庵が、縁あって東京大学発のベンチャー企業である、ユーグレナ社とコラボレーションメニューを開発することに。その結果、生まれたメニューは「みどりラーメン」。スープにミドリムシ粉末を使った、その名の通り緑色のラーメンです。

住所
東京都文京区本郷5-23-11
営業時間
11:00~翌1:00
定休日
なし
公式HP
http://yamate-ramen.com/top.html
みどりラーメン

引用元:山手らーめん公式HP (http://yamate-ramen.com/top.html)

みどりラーメン

700円

ユーグレナ社とのコラボで生まれた、みどりラーメン。スープには一杯あたり7億匹分ものミドリムシ粉末が入っていて、栄養満点です。味はバジルやオリーブオイルが香るさっぱりとしたもので、イタリアンを思わせるよう味わいだそうです。麺の上にはキャベツやパプリカがトッピングされていて、見た目もおしゃれ。女性客にも人気です。

 

当サイトのご利用にあたって

当サイト(保存版!ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト)は、私たち「ユーグレナまとめ委員会」が運営する、ユーグレナに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載するように心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

ユーグレナまとめ委員会について