ユーグレナのサプリはどんな味なのか?

実際に味わって調査してみました

ユーグレナは高い栄養価を誇り、人間にとっての完全食と言われるほど優れた食品です。しかし、ユーグレナ、つまりミドリムシを食べ物だと認識したことがある人はどれだけいるでしょうか? 今ではサプリメントとして手軽にユーグレナを摂取できるようになりましたが、食べ物である以上、やはり「味」は気になりますよね。

そこで、当サイトでは20種類以上のサプリメントを実際に味わってみて、その味を調査してみました。

共通するのは、クセのある独特の風味

ユーグレナサプリには多くの種類があり、配合されている成分にも多少の違いがあります。その差は味にも影響を与えているようで、商品ごとに少しずつ違う味が感じられました。

とはいえ、ほとんどのサプリは成文の大半が「ユーグレナグラシリス(ユーグレナの種類の1つ)」であり、その味や香りには共通する特徴が見られます。

それは、昆布やワカメといった海藻をイメージさせる生臭さや、魚の干物や枯草のようなクセのある香り。それに加えて、旨味や甘味、塩味がほのかに感じられ、苦みや酸味はほとんどありません。かなり複雑で、とらえどころのない風味です。

これはカプセル、タブレット、粉末といったサプリの形状を問わず、すべてのサプリメントに共通する特徴であり、「ユーグレナグラシリス」本来の味だと思われます。

ユーグレナには59種類もの栄養素が含まれており、動物性と植物性の栄養を兼ね備えています。そういった特徴が、この複雑で不思議な味になっているのかもしれませんね。

粉末タイプは味自体を楽しめる?

水などに溶かして飲む粉末タイプのサプリは、カプセルやタブレットよりもユーグレナ成分が少ないのが一般的。これは、ドリンクにすることで味を感じやすくなるため、ほかの成分を多く混ぜることで飲みやすさに配慮しているのだと思われます。

どれも青汁野菜やお茶、甘味料などで味がととのえられており、すっきりと飲みやすい味です。むしろ、味自体を楽しみながら摂取するというコンセプトなのかもしれません。

それでも、じっくり味わったり匂いを確認したりすると、やはりユーグレナ特有の風味は感じられます。苦手な方は牛乳や野菜ジュースに混ぜたり、料理やお菓子に混ぜて摂取することもできるので、アレンジによって新たな味わいを探すという楽しみ方もできますね。

おいしいのか? まずいのか?

味は旨味や甘味が中心なので、この風味の中には美味しいと感じる要素も含まれています。そのため、何か他の食材と組み合わせることで美味しくなる可能性は充分にあると思います。

実際にユーグレナ配合の食品は数多く発売されており、ユーグレナ配合のメニューが置かれている飲食店も多数。そのどれもが味の面でも高い評価を受けており、ユーグレナをおいしく調理することは可能であると証明しています。

ただ、やはりユーグレナだけを味わって「美味しい」という人は極めて稀だと思われます。味自体はそれほどではありませんが、やはり臭みが問題。トータルでの評価としては「不味い」と言わざるを得ません。

苦手な人はカプセルタイプが良さそう

どうしてもユーグレナの味が苦手という方は、カプセルタイプのサプリを選ぶぼが良さそうです。今回の調査ではたくさんのサプリを口の中で溶かしましたが、カプセルタイプは中身が溶けだすまではほとんど無味無臭。その点では、タブレットタイプよりもはるかに飲みやすいと感じました。

もちろん、飲み心地や使用感の好みは人によって違うとは思いますが、あくまでも意見の一つとして参考にしていただければ幸いです。

当サイトのご利用にあたって

当サイト(保存版!ユーグレナ(ミドリムシ)まとめサイト)は、私たち「ユーグレナまとめ委員会」が運営する、ユーグレナに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載するように心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

ユーグレナまとめ委員会について